マイリー・サイラス、ジョン・レノン息子ショーンと「ハッピー・クリスマス」をカバー! このクリスマスにリピート間違いなしの素晴らしい仕上がりに[音源あり]

歌手のマイリー・サイラス(26)と、ジョン・レノンの息子でミュージシャンのショーン・レノン(43)が、名曲「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」のカバーでコラボした。

Perezhiltonによるとマイリー・サイラスとショーン・レノンは12月14日の真夜中に「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」をリリース。ミュージシャン・プロデューサーのマーク・ロンソンも参加している。

「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)(原題: Happy Xmas (War Is Over))」は、ショーンの両親ジョン・レノンとオノ・ヨーコが結成したバンド「プラスティック・オノ・バンド」が1971年にリリースした曲。これまでに世界中の様々なアーティストもカバーしている名曲を、今度は実の息子ショーンと、今を輝くマイリーがカバー。原曲の雰囲気はそのままに、マイリーの力強い歌声がリードしている。

【音源】「ハッピー・クリスマス」by マイリー&マーク&ショーン

マイリー・サイラスとマーク・ロンソンは、先日リリースしたばかりの新曲「Nothing Breaks Like a Heart」でコラボ。失恋を歌った内容で、11月30日に公開されたミュージックビデオには、本人たちも出演している。

「Nothing Breaks Like a Heart」のミュージックビデオは、主にマイリー・サイラスのカーチェイスを追った内容だが、その中では銃による暴力や、政治的な社会問題を扱った場面も。そのためElleは「マイリーの新たな時代の幕開け第一章」として、本作を紹介している。

【動画】「Nothing Breaks Like a Heart」MV

tvgrooveをフォロー!