マイケル・B・ジョーダンが日本語で新年のごあいさつ!? 映画「クリード 炎の宿敵」キャストが日本のファンに向けて語りかける映像公開[動画]

「クリード 炎の宿敵」

2015年、『ロッキー』シリーズの新章として公開され、全世界興収1億7,356万ドルを記録した『クリード チャンプを継ぐ男』。その最新作『クリード 炎の宿敵』より、マイケル・B・ジョーダンをはじめとするキャストから新年のご挨拶&日本公開に向けてメッセージが到着した。

アドニスとロッキーの世代を超えた友情、リアルでダイナミックなファイトシーン、ひたむきに夢を追い求める姿が共感を呼び大ヒットし、批評家・観客からも“シリーズ最高の興奮と感動ドラマ”と大絶賛された。そんな前作から3年、全世界待望の第二章『クリード 炎の宿敵』が、2019年1月11日(金)に日本公開となる。

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーの親友アポロの命を奪ったドラゴ。今、その息子同士の戦いが始まる。ロッキーの指導の下、世界王者に上り詰めたアポロの息子、アドニス・クリード。

対するはドラゴの息子、ヴィクター。“殺人マシーン”と呼ばれた父から全てを叩き込まれた最強の挑戦者だ。宿敵を前に、過酷な試練が2人を待ちうける―。

本作は『クリード チャンプを継ぐ男』と、33年前に世界を感動で包み込んだ『ロッキー4/炎の友情』のその後を描く物語。アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の父アポロ(カール・ウェザース)をリングに沈めた男、イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)が屈強な息子のヴィクター(フロリアン・ムンテアヌ)を携え、アドニスとロッキー(シルベスター・スタローン)に挑戦状をたたきつける。アポロVS.ドラゴから、アドニスVS.ヴィクターへ―。時代を超えた宿命の対決が描かれる。

今回解禁された映像は、アドニスを演じるマイケル・B・ジョーダンと宿敵ヴィクターを体現する現役ボクサーのフロリアン・ムンテアヌ、アドニスの恋人ビアンカを演じるテッサ・トンプソンら、本作を語る上で欠かせないキャラクターを演じたキャストが、日本のファンだけのために新年の挨拶と待望の日本公開を迎える本作をレコメンドするメッセージを贈る、オリジナルの特別映像だ。

【動画】映画『クリード 炎の宿敵』新年特別映像

冒頭で3人は屈託のない笑顔を見せる。特にフロリアンの終始和やかな表情は、劇中では見ることができない貴重な一面だ。また、ロッキーとイワン、クリードとヴィクターの身長差を再現するかのように、ジョーダンとフロリアンが対峙してみせる。

メッセージの口火を切るのはマイケル・B・ジョーダンだ。「あけましておめでとうございます!」と日本語で挨拶に始まり、日本のアニメを観て育ってきたというだけに、その発音は完璧だ。続いてフロリアンが「『クリード 炎の宿敵』を見逃すな!」とレコメンド。最後に「公開日は」というテッサの言葉に続き、日本公開日の1月11日を3人で仲良くお知らせする。

劇中の映像では、お互いを信頼し拳を突き合わせるロッキーとアドニス、余裕の表情を浮かべるイワン、アドニスに強烈なパンチを繰り出すヴィクターが映し出される。ドラゴ親子に危険を感じ、「戦うな!」とアドニスを止めるロッキーは、「俺は負けない!」と猛反発するアドニスと衝突する場面もある。

しかし、何度パンチを受けても立ち上がるという信念は、ロッキーから受け継いだもの。「立て、立つんだ」とアドニスを見る視線にもその信念がこもっている。親子さながらの師弟の絆、そして“クリード”の名に誇りを持ち何度でも立ち上がるアドニスの姿に、2019年「初泣き」すること間違いなしだ!

マイケル・B・ジョーダンとシルベスター・スタローンが世界中の〈父と息子〉に贈る、映画ファンの心を震わせる感動ドラマ『クリード 炎の宿敵』は、2019年1月11日(金)より、お正月映画として全国ロードショーとなる。

公開情報

『クリード 炎の宿敵』
2019年1月11日(金)全国ロードショー
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!