メーガン・マークル、最後の出演作「SUITS」を語る! 記念すべき100話を迎えてのインタビュー映像が公開[動画あり]

「SUITS/スーツ  シーズン7」

ニューヨークのエリート法律事務所を舞台に、敏腕弁護士のハーヴィーと天才的な頭脳を持つマイクが活躍する最強のバディ・ドラマ「SUITS/スーツ シーズン 7」のリリースを記念して、本作の DVD に収録されている特典映像“「SUITS」:記念すべき 100 話”の一部が公開された。

「SUITS/スーツ」は 2011 年 6 月 23 日にアメリカ NBC 傘下のケーブル局 USA ネットワークで放送されるやいなや、初回視聴者数 460 万人を記録し、看板ドラマとなった人気シリーズ。

また、レイチェル役で本作に出演しているメーガン・マークルが 2018 年 5 月に英王室のヘンリー王子と結婚し、10 月には第 1 子を妊娠していることを公表して、あらゆるメディアで話題に。

さらに、日本・韓国で「SUITS/スーツ」のリメイク版が放送され、日本版では、織田裕二、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、鈴木保奈美が、韓国版ではチャン・ドンゴン、パク・ヒョンシクが出演するなど、原作を知らなかった層からの注目度も急上昇中だ。

公開された映像は、レイチェル役のメーガン・マークルと、レイチェルの恋人で主人公の 1 人マイク役のパトリック・J・アダムスが、法律事務所を去るという、シリーズ最大の「別れ」が待ち受けるファン必見のシーズンで、記念すべき“100 話”を迎えてのインタビュー。

【動画】「SUITS/スーツ」シーズン7 特典映像の一部を公開

「SUITS」の記念すべき第 100 話目となるシーズン 7 の第 8 話を監督しているのはマイク役のパトリック・J・アダムス。100 話を迎えて、レイチェル役のメーガン・マークルは「ファンが 100 話を見続けてくれた。ありがたいことに 7 年もね。一緒にやってきた皆と特別な節目を迎えられた」と喜び、さらにパイロット版(シーズン 1 第 1 話)の撮影当時を振り返りながら、「私やパトリックや(ドナ役の)サラ(・ラファティー)にとっては初めてのヒット作になった」と語っている。

またマイク役のパトリックは 100 話目を監督することになり、「SUITS にラブレターを贈るいい機会」だと思ったそうで、「7 年間の感謝をこめつつ、昔みたいに屋上のシーンを盛り込んだ」とファンにはうれしい裏話も披露。シーズン 7 で降板することは「早くから決めてたんだ。僕にとっては、刑務所から出てマイクのストーリーは完結した」と降板への気持ちを明かした。

監督を務めたパトリックに対しメーガンは「仕事もでき、成長した。誇りに思うわ。今後も大活躍するはずよ」と賞嘆。パトリックは「番組のキャストやクルーは大切な家族だ。降板の決断を下すのはつらかったけど、最高の 7 年だった。自分のかかわった作品が、ここまで反響を呼ぶとは思いもしなかった」と感慨深げに語っている。

1 月 9 日(水)に発売される本作の DVD には、本映像のほか、未公開シーン、NG 集、キャスト・クルーによる制作秘話、マイクとレイチェル 2人の軌跡も収録されている。

リリース情報

「SUITS/スーツ  シーズン7」1月9日(水)リリース
DVD-BOX   8,000円+税
※同時レンタル開始
発売元・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2017 Open 4 Business Productions, LLC. All Rights Reserved.
「SUITS/スーツ」公式サイト : www.suits-tv.jp/

tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!