残虐なダークヒーロームービー『ヴェノム』続編にX-MENの大物プロデューサーが参加! 強者ぞろいの製作陣に期待高まる

ハッチ・パーカー
ハッチ・パーカー

スパイダーマンの宿敵であるダークヒーローを描いた2018年公開の『ヴェノム』。本作の続編にX-MENのプロデューサーが新たに加わったことが報道された。

The Hollywood Reporterによると、今回新たに加わることが発表されたのは、これまで『X-MEN:アポカリプス』や『X-MEN: ダーク・フェニックス』に携わってきたハッチ・パーカー

パーカーとともにプロデューサーとして参加するのは、2006年、『ハリウッド・リポーター』選出のエンターテインメント界の女性100人で1位を獲得した有名プロデューサー、エイミー・パスカルや、マーベル・スタジオズの設立者兼CEOのアヴィ・アラッド、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の製作で携わったマット・トルマックなど、映画業界で活躍する大物だらけ。

前作の『ヴェノム』は、全世界累計興行収入が8億ドルを突破するなどの大ヒットを記録したソニー・ピクチャーズが手掛けるシェアード・ユニバース (Sony's Universe of Marvel Characters) の第一弾にあたる作品。ヴェノムはスパイダーマンの宿敵と知られている人気キャラクターで、これまで実写化映画では、2007年の『スパイダーマン3』でトファー・グレイスが演じ登場した。

前作の『ヴェノム』予告編動画

現在、スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)残留報道で世界は大盛り上がりだが、続編『ヴェノム』とMCUの統合が今後あるかどうかは未定だ。

また、監督は当初、ルーベン・フライシャーと報道されていたが、『ゾンビランド:ダブルタップ』の監督業と重なったため、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラムや、『猿の惑星: 聖戦記』のシーザーなどのモーションキャプチャアクターとして活躍する一方で、映画監督としても活躍するアンディ・サーキスが抜擢されたようだ。

『ヴェノム』続編は、2020年10月2日全米公開予定だ。

トム・ホランド

MCU離脱危機から大逆転! スパイダーマン、MCUに残留決定! マーベル社長ファイギ「非常に興奮している」

2019年9月28日

「スパイダーマン」やはりマーベル離脱か・・・ 「現時点ではドアは閉まっている」ソニー独自のユニバースを展開へ

2019年9月7日

トム・ホランド、「スパイダーマン」MCU離脱危機についてついにコメント! 「3000回愛しているよ」[動画あり]

2019年8月25日

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」、世界へ飛び出したスパイダーマンの規模は格別! スパイダーマン、そしてMCUのキーパーソンたちが語る[動画あり]

2019年7月11日
トム・ハーディと、ミシェル・ウィリアムズ

トム・ハーディ主演映画「ヴェノム」の続編計画が始動

2019年1月9日