ファンお待ちかね! ドウェイン・ジョンソン、ついに “ザ・ロック”としてWWEのリングにカムバック

ドウェイン・ジョンソン
ドウェイン・ジョンソン

『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られるドウェイン・ジョンソンが、 “ザ・ロック”としてWWE(World Wrestling Entertainment)のリングへと戻ってきた。

ドウェイン・ジョンソンといえば、ハリウッドで最も稼ぐ俳優の1人として知られているが、一方でアメリカのプロレス団体WWEで1990年代から2000年代初頭までプロレスラー活躍していたのはとっても有名な話。リングネームはザ・ロックで、トリプルH、ジ・アンダーテイカー、ストーン・コール・スティーブン・オースチンなどと並び “ビック4”と呼ばれるほどの代表的選手だった。

そんな彼が現地時間10月4日金曜日、『フライデーナイト・スマックダウン』というWWEの看板番組内で、リングにカムバック。

今年4年ぶりに開催されたキング・オブ・ザ・リングにて優勝を果たしたキング・コービンと対戦する、RAW女子チャンピオンのベッキー・リンチのサポートとして登場したようだ。

ザ・ロックが登場するやいなや、開場は「ロッキー!ロッキー!」と歓声が湧き上がった。ベッキー・リンチといえばWWEで「The Man」という愛称で知られており、キング・コービンが「お前は本当に “The Man"なのか?」という挑発に対し、ザ・ロックが「キング・オブ・ザ・リングにて優勝したからって、お前がキングって意味じゃない」と反撃。さらに、バイキングのような衣装を身にまとったキング・コービンに「コミコンに行く35歳の童貞みたい」と罵り、会場は笑いに包まれた。

リングにカムバックできたことは本人もかなり感激していたようで、ツイッターに「ついにホームであるWWEに戻ってきた!」と投稿した。

ドウェイン・ジョンソン

MCU復帰の“スパイダーマン”トム・ホランドに、ドウェイン・ジョンソンがリアクション! ブランデー絵文字とともに「YES!」

2019年10月3日
ドウェイン・ジョンソン

不仲説に終止符? 「ワイスピ」ドウェイン・ジョンソンがヴィン・ディーゼルに感謝の意を表すメッセージを送る

2019年9月30日

「ワイルド・スピード」ケヴィン・ハート、交通事故で重傷&車が大破 共演者ドウェイン・ジョンソンがお見舞いメッセージ

2019年9月3日

映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」、規格外すぎてドウェイン・ジョンソンも思わず笑っちゃう!? シリーズ歴代の規格外カーアクションを振り返る特別映像が到着

2019年7月19日
「ベイウォッチ」

ロック様ことドウェイン・ジョンソン、主演兼製作を務めた「ベイウォッチ」の大失敗は「ぜんぶ自分のせい」

2018年12月31日
tvgrooveをフォロー!