[ネタバレ注意]ホアキン・フェニックス、高評価を受けている映画『ジョーカー』のお気に入りの“ラスト”について明かす「答えは視聴者の中にある」

ジョーカー

現在公開中の映画『ジョーカー』。DCコミックス「バットマン」の宿敵、ジョーカーの誕生秘話を描いた物語で、アメコミ映画とは思えない、衝撃的な人間ドラマを描いており、賛否両論が巻き起こっている問題作だ。

そんな本作でジョーカーを演じ、多方面から高評価を得ているホアキン・フェニックスが、本作のお気に入りのラストについて語った。

米サイトCINEMA BLENDによると、ホアキン・フェニックスは「エンディングの曖昧さが好きだ」と語ったのだとか。ホアキン・フェニックスがジョーカーの結末を気に入っている理由は「簡単な答えがない」こと。想像力を豊かにさせ、真実や答えは視聴者次第。映画の不確実性と映画で実際に何が起こったかを視聴者に伝えないエンディングを高く評価しているよう。

映画『ジョーカー』は、心優しい大道芸人のアーサー(ホアキン・フェニックス)が、「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、コメディアンとして活躍しようと奮闘するが、やがて狂気あふれる悪へと変貌していくストーリー。名優ロバート・デ・ニーロとの共演でも話題になっている。

これまで『インセプション』や『ブレードランナー』など結末が“視聴者次第”の名作はいくつか生まれたが、本作はこの部類に入るだろう。視聴者の答えはそれぞれ違い、本作について嫌悪感を持つ人も、一方で大絶賛する人もいる。この曖昧な結末が、今後どのようにDCユニバースの映画に影響していくのか。今後の作品に期待が高まる。

『ジョーカー』

銃社会を重要視するマイケル・ムーア監督、映画『ジョーカー』を大絶賛! 「この物語が提起する問題は非常に深く、我々に必要」

2019年10月7日
ホアキン・フェニックス

ホアキン・フェニックス、新作『ジョーカー』の役作りのため約24キロ減量! 病的なほど体重に執着していた

2019年10月1日
『ジョーカー』USプレミア

今世紀最大の衝撃作の公開目前! 『ジョーカー』初お披露目の 超豪華USプレミア開催

2019年9月30日
ホアキン・フェニックス

バットマンの宿敵ジョーカーの誕生秘話を描く話題作『ジョーカー』主演に抜擢されたフォアキン・フェニックス、輝かしいキャリアの中でも「最高にすばらしい経験」と語る

2019年9月11日

バットマンの宿敵誕生を描く! ホアキン・フェニックス主演「ジョーカー」、日米同時の10月4日公開決定[特報あり]

2019年5月10日