エド・シーラン、幼少期からチェロやピアノを弾く! 「すごく変わった子」から成功までの軌跡を追うドキュメンタリーが公開[動画あり]

エド・シーラン

今や世界で最も稼ぐソロアーティストとなったエド・シーラン(28)の、自身の幼少期から大スターになるまでのドキュメンタリー番組が放送された。

エド・シーランの成功までの道を追うドキュメンタリー「In My Own Words」が、10月13日に英TV曲チャンネル・5で放送され、エドが赤ちゃん~幼少期の可愛らしい映像もいくつか公開。その中の映像では、エドが子供時代紙のトランペットを吹いたり、ピアノを練習したり、チェロを弾くなど様々な楽器に挑戦する姿が映っている。

しかし同ドキュメンタリーの元となった本「Ed Sheeran」の著者ショーン・スミス氏は「驚くことに、エドはどんな楽器でも好きなわけではなかった。チェロもやったけど気に入らなかったし、合唱団で歌ったけどしっくりこなかった」と、様々な楽器を試したがのめり込まなかったと話す。

しかしスミス氏は「エドはTVでエリック・クラプトンが楽曲「いとしのレイラ」を弾いているのを見て衝撃を受けた」といい、ギターを初めたキッカケを明らかにした。

また番組中に自身の幼少期を振り返ったエド。

「僕はすごくすごく、変わった子だった。顔にはワインのような生まれつきのアザがあって、それは小さい頃にレーザーで取ったんだけど、とある日、麻酔を塗り忘れて。そしたらそれ以来どもりが始まったんだ」「それに瓶底のような青いメガネもしていた。そして片方の耳の鼓膜が無かったんだ。だから学校に行ったら、どもりどころかたくさんの問題があったよ」

多くの困難を抱えつつ、ストリートで歌い続けたエド。2019年には、「最も稼ぐソロアーティスト」に認定されるなど、世界でもトップクラスの成功をおさめている。

「In My Own Words」全編

エド・シーラン「サウス・オブ・ザ・ボーダー」MVキャプチャー

エド・シーランがスパイ映画に挑戦!? カミラ・カベロ&カーディ・Bをフィーチャリングした「サウス・オブ・ザ・ボーダー」のミュージック・ビデオが公開

2019年10月9日
トーンズ・アンド・アイ

UKチャートでエド・シーランを追い越す! 今大注目のライジング・スター、トーンズ・アンド・アイ! 世界中のチャートをさらう「ダンス·モンキー」でUKチャートの1位の座に君臨

2019年10月8日

エド・シーラン、今度はバーを開店! 妻チェリー&父らとオープニングパーティを開催[写真あり]

2019年10月2日

エド・シーラン、音楽活動を休止する中なんと画家になっていた! 巨大な力作アートを公開[写真あり]

2019年9月30日

エド・シーランがついに結婚式をあげる! テイラー・スウィフト、ハリー・スタイルズなど大物セレブがこぞって参列、中には宿敵同士のゲストも・・・

2019年9月9日