UKチャートでエド・シーランを追い越す! 今大注目のライジング・スター、トーンズ・アンド・アイ! 世界中のチャートをさらう「ダンス·モンキー」でUKチャートの1位の座に君臨

トーンズ・アンド・アイ

5週連続1位に君臨していたエド・シーランストームジーを追い越し、1位の座を堂々と掴み取った、新鋭アーティスト、トーンズ・アンド・アイ

7位から一気に首位へと躍り出た大話題の曲「ダンス・モンキー」は、世界中で大旋風を巻き起こしており、現在、彼女の母国であるオーストラリアを含め、13カ国のチャートを独占中。

トーンズ・アンド・アイにとって初めてUKチャートにランクインを果たしたこの楽曲は、UKチャート入りしてわずか2ヶ月ほどしかたっていないにも関わらずチャートのトップを制した。

彼女はUKチャート1位という栄誉を獲得する前に、ARIA(オーストラリア・レコード産業協会)シングルズ・チャートを独占。「ダンス・モンキー」は10週間首位に輝き、オーストラリアで最も長くチャートの1位に君臨した、オーストラリア出身アーティストとして歴史を書き改めたのだ。

同曲は、8月まで月1億3000万回の楽曲再生回数を果たし、9月には女性ソロ・アーティストとして、カイリー・ミノーグが「ロコモーション」で樹立し、32年間破られることのなかった不動の記録を見事塗りかえ、ARIAの殿堂入りを果たした。

それだけにとどまらず、全世界での総再生回数は2億5千万を越え、今月だけで1億7500万回の再生回数を記録。その勢いをそのまま証明するかのように、同曲のミュージック・ビデオは、YouTube5200万回を突破。

更に、UKチャートの1位に輝いたオーストラリア出身アーティストとしては、アリアナ・グランデとのコラボ曲「プロブレム」で2014年、一躍大ブレイクしたイギー・アゼリアにつぐ2組目の快挙となる。

「ダンス・モンキー」の今週の楽曲再生回数は、ARIAシングルズ・チャート史上最多の1週間の再生回数を誇るサンディ・トムの「I Wish I Was A Punk Rocker」とホイットニー・ヒューストン「I Will Always Love You」の記録に匹敵し、つい先日はシャザムのグローバル・チャートの1位にも輝いた。

そんなトーンズ・アンド・アイは、新記録を樹立したことについて次のように語る。
「オーストラリアにはとても感謝しているわ。この曲はバイロンベイにいる、私のバックパッカーの友達のために書いたのよ。まさか国中がこの曲に踊ってくれるとは思いもよらなかったわ!」

現在、彼女は完売したオーストラリアでのヘッドライン・ツアーを巡っており、来月、同じく完売を果たしたヨーロッパでのヘッドライン・ツアーに挑む予定である。
中毒性たっぷりの「ダンス・モンキー」は、オーストラリアで3位に輝いた、彼女のデビュー・アルバム『ザ・キッズ・アー・カミング』に収録されている。

■EP

トーンズ・アンド・アイ / Tones And I
アルバム『ザ・キッズ・アー・カミング / The Kids Are Coming』
(シングル「ダンス・モンキー / Dance Monkey」収録)
ダウンロード / ストリーミングはこちら:https://Japan.lnk.to/TAI_TKACEPPu
ミュージック・ビデオ(YouTube):https://youtu.be/q0hyYWKXF0Q

エド・シーラン、ジャスティン・ビーバー、ベニー・ブランコ(右)

実はエド・シーランが書いていた楽曲 第2弾! ジャスティン・ビーバー、ベニー・ブランコ、ホールジー、カリードらのあの曲も・・

2019年9月7日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、最新アルバム「ラヴァー」が全米・全英チャート初登場1位! 10年で最も全米1位を獲得した女性アーティストに

2019年9月3日
Avicii(アヴィーチー)photo by Sean Eriksson

Avicii(アヴィーチー)、「SOS」に続く新曲「Tough Love」を世界同時リリース! アルバム「TIM」6月発売決定

2019年5月16日

再ブーム中のクイーン、ライブ映像3作品をWOWOWにて放送決定! 多くの傑作を生み、世界中を熱狂させた彼らの迫力のライブがよみがえる

2019年1月25日

新進気鋭の女性ポップ・シンガー、エイバ・マックスのシングルがUKチャート2週連続1位を獲得! 日本でもブレイクはもはや時間の問題?!

2019年1月8日