ディズニー新『クリスマス・キャロル』、『美女と野獣』の監督が脚本を書き上げたことが判明! なんと主人公はスクルージじゃない?

Bill Condon

ディズニーが新しく企画している新『クリスマス・キャロル』に実写版『美女と野獣』で監督を務めたビル・コンドンが参加することが新たに分かった。

ビル・コンドンは、『美女と野獣』のほか、『トワイトライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 / Part2』で監督として活躍する一方で『グレイテスト・ショーマン』や『シカゴ』などの脚本を担当するなどの実力を持ち、ハリウッドで大成功を納めている。

報道によると、ビルはすでに脚本を書き上げており、監督する準備を進めているとのこと。また、今回のストーリーは、原作「クリスマス・キャロル」の主人公であるエベネーザ・スクルージのビジネスパートナーであるジェイコブ・マーリーを中心に描いているという。

「クリスマス・キャロル」は、1843年に出版された英国の文豪、チャールズ・ディケンズの中編小説。クリスマスを題材とした物語の中では最も有名。1951年に白黒映画で映画化されたのを皮切りに、ミュージカル作品として2本、ディズニー映画として2本(そのうちの一本は、ディズニーキャラクターが登場人物を演じる人気ファミリー映画)、その他様々な有名監督の手によって計9回も映画化されている。

物語の主人公はエベネーザ・スクルージという初老の商人。ケチで冷酷な性格から嫌われ者だったスクルージが、クリスマスイブに不思議な体験をすることで改心していくというもの。ジェイコブ・マーリーは、スクルージの共同経営者だが、先立ち、葬儀ではスクルージに渋られ、まぶたの上に置かれたコインまで持ち去られてしまう。

『クリスマス・キャロル』は、先日アップルがライアン・レイノルズとウィル・ファレル共演で製作を発表したばかり。ディズニーとして新たなストーリーとなる今回の企画は、まだ出演者などは発表されていない。

ホーカスポーカス

ハロウィンの名作映画『ホーカスポーカス』の続編がディズニー・プラスで製作中! サラ・ジェシカ・パーカーの魔女姿をもう一度拝めるかも!?

2019年10月24日
ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズ、次はなんと『クリスマス・キャロル』でミュージカルに挑戦! ウィル・ファレルと共演

2019年10月9日

元ディズニースターのベラ・ソーン、彼氏&彼女が両方いる! 「一対一ではない」自由な恋愛概念「ポリアモリー」とは[写真あり]

2019年10月8日

これから公開するディズニー&20世紀フォックス作品でもっとも注目すべき作品は? 人気アトラクションの実写映画『ジャングル・クルーズ』、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』など強力な作品ラインナップを発表

2019年10月3日
『マレフィセント2』ワールドプレミア

“ディズニー史上最恐”の美しきマレフィセント、アンジェリーナ・ジョリーが漆黒のドレスで登場! 『マレフィセント2』 超豪華キャスト陣集結のワールドプレミアが開催

2019年10月2日
tvgrooveをフォロー!