「メン・イン・ブラック:インターナショナル」、ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズは健在! リブートじゃなくて続編

ウィル・スミスと、トミー・リー・ジョーンズ

人気映画シリーズ最新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」にて、これまでシリーズを引っ張ってきたウィル・スミス(50)と、トミー・リー・ジョーンズ(72)が、ともに同じキャラクターで続投していることが明らかになった。

映画「メン・イン・ブラック」シリーズは、ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズの主演コンビで、三作が公開。地球人はすでにエイリアンと共存しており、何も知らない一般人のかげで、秘密組織「MIB」が平和を保つべく奮闘しているというストーリーだ。最新作「インターナショナル」には、クリス・ヘムズワース(エージェントH)と、テッサ・トンプソン(エージェントM)がキャスティング。新たな戦いが描かれる。

最新作のF・ゲイリー・グレイ監督は、Entertainment Weeklyのインタビューに対して、クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが演じるHとMは、それぞれが組織の新メンバーであると断言。「ウィルとトミーを求めるファンの熱意は理解している」と述べ、「インターナショナル」は再キャスティングによるリブートではなく、前作までと世界観を共有する続編であることを強調した。

「彼らの“代わり”を用意したんじゃない。ただ新しいチームを加えただけなんだ」

新作制作にあたり、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが見せたような“相性の良さ”を新キャストに求めた結果、「マイティ・ソー バトルロイヤル」(2017)で抜群のケミストリーを発揮した、ヘムズワースとトンプソンに白羽の矢が立った次第だ。

公開済みのトレイラーには、かつてウィル&トミーが演じた、JとKの活躍を示す絵画も。本編でふたりはどのように描かれているのかにも期待したい。

待望の最新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」、2019年夏に公開決定、予告編が到着! クリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソン共演で話題に

2018.12.21
tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!