クリス・プラット、アーノルド・シュワルツェネッガー娘キャサリンとの婚約を発表

クリス・プラットと、キャサリン・シュワルツェネッガー

俳優クリス・プラット(39)が、かねてより交際していたキャサリン・シュワルツェネッガー(29)との婚約を明らかにした。

クリス・プラットはインスタグラムを通じ、キャサリンへのプロポーズを報告。「いとしのキャサリン、きみがイエスと答えてくれてとても幸せだよ!」と婚約を明らかにした。

「きみと結婚できることに心躍るよ。誓ってきみと大胆に生きていけることを誇りに思う。さぁ、行こう!」

クリス・プラットは、前妻アンナ・ファリスとの間に一児をもうけるも、2017年8月に離婚を発表。昨年10月に正式に夫婦関係を解消した。

離婚後、プラットはアンナ・ファリスとは、新たな関係を模索中であることを示唆しながら、友情は保つべく努力していることを告白。「それは理想通りじゃないけれど、でも、そうだね、ぼくらふたりとも、実際のところうまくやっているんじゃないかな」と語っている通り、アンナと新恋人、自身とキャサリン、そして息子を交えた5人で出かける姿も目撃されていた。

フィアンセとなったキャサリン・シュワルツェネッガーは、俳優であり、元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガーの愛娘。ハリウッドとは一線を画しており、女優やモデルではなく、主に作家として生計を立てている。

クリス・プラットと、キャサリン・シュワルツェネッガーは、2018年7月に交際を開始。自分たちの関係について公にすることはほとんどなかったが、昨年11月よりSNS上でも交流をうかがわせ、12月のキャサリンの誕生日には初めて2ショットを公開。「きみの笑顔は世界を明るくする」と、愛のメッセージを送った。

tvgrooveをフォロー!