シャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、さらにマーゴット・ロビーが競演! 『スキャンダル(原題:BOMBSHELL)』の公開日決定!ポスタービジュアルも解禁

「スキャンダル」ポスター

早くもアメリカでは本年度アカデミー賞最有力の声があがり、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、さらにオスカーノミネート女優で最旬のマーゴット・ロビーというハリウッドの至宝3大女優の豪華競演でも話題を呼んでいる『BOMBSHELL』(原題)の邦題が『スキャンダル』に決まった。さらに、2020年2月21日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開することが決定。

本作で描かれるのは、アメリカで視聴率NO.1を誇るテレビ局「FOXニュース」で2016年に起きた実話スキャンダルの裏側。FOXニュースの元人気キャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、テレビ界の帝王として君臨していたCEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を提訴した。そのスキャンダラスなニュースに、メディア界に激震が走る――。

騒然とするFOXニュース社内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は、上り詰めるまでの自身の過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ(マーゴット・ロビー)は、ロジャーと対面する機会を得ていた――。

邦題と初日情報と共に解禁となるポスタービジュアルは、物語の中心人物となるシャーリーズ・セロン扮する売れっ子キャスターのメーガン・ケリーと、ニコール・キッドマン扮する元人気キャスターのグレッチェン・カールソン、マーゴット・ロビー扮する若手キャスターのケイラ・ポスピシルの3人が横並びとなり、お互いを意識しつつもそれぞれ不穏な表情を浮かべているような、本作の世界観を表現したビジュアルとなっている。特に、実在の人物を演じたシャーリーズとニコールは、まさに本人たちに瓜二つの見事な変貌ぶりが話題に!

シャーリーズの特殊メイクは、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当し、第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞した辻一弘さんが担当。辻さんが賞レースを再び賑わせるかにも注目が集まります。

また、本編を観た海外メディアからはすでに絶賛の声が続々とあがっており、本年度アカデミー賞では、主演女優賞(シャーリーズ)、助演女優賞(ニコール、マーゴット)、脚本賞(チャールズ・ランドルフ)を始めとする主要部門でのノミネートは確実!受賞最有力候補としても大変な注目が集まっている。


■監督:ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
■脚本:チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アカデミー賞脚色賞受賞)
■出演:シャーリーズ・セロン 『モンスター』(アカデミー賞主演女優賞受賞)、ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』(アカデミー賞主演女優賞受賞)、マーゴット・ロビー『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アカデミー賞主演女優賞ノミネート)、 ジョン・リスゴー『愛と追憶の日々』(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)

ハーレイ・クイン

マーゴット・ロビー、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が『スーサイド・スクワッド』よりも重要なワケを語る

2019年11月19日
シャロン・テート(マーゴット・ロビー)

ハリウッドを震撼させた シャロン・テート殺人事件から50年 …マーゴット・ロビーによりシャロン・テートが蘇る! 映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」本編映像&場面写真解禁

2019年8月9日
左からアリアナ・グランデ、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン

アリアナ・グランデ、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン豪華出演! ミュージカル「The Prom」が映画になってネットフリックスで公開決定

2019年6月26日

ブラッド・ピット&シャーリーズ・セロン、熱愛報道はウソ!? 「恋愛関係は1ミリもない」と関係者がキッパリ否定

2019年1月22日
ラミ・マレック

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック、ニコール・キッドマンに無視されてしまった気まずい場面について語る[動画あり]

2019年1月10日