カミラ・カベロ、新アルバム収録曲はショーン・メンデスへのラブレターだった[音源あり]

ショーン・メンデスと、カミラ・カベロ

12月6日に発売されたカミラ・カベロのアルバム「ロマンス」。この中に収録されている楽曲「ユース・トゥ・ディス(Used To This)」が、現在交際している人気シンガーソングライターのショーン・メンデスとの関係や交際に至るまでの感情の変化を赤裸々に描いているとして話題になっている。ELLEなどが伝えている。

【音源】Camila Cabello - Used to This (Audio)

カミラ・カベロは、アルバム発売前、ニューヨークにオープンした自身のポップアップストアに登場し、ファンからのリクエストに応えてこの曲を披露。「まさかサンフランシスコの人たちにこの曲を聴かれることになってしまうなんて…」とジョークを放ったが、楽曲「ユース・トゥ・ディス」の中で彼女は、「サンフランシスコなんて好きじゃなかった」と言い放っているのだ。

カミラは11月に行われたアップル社主催の音楽イベントで、今年の夏にサンフランシスコで初めてショーン・メンデスとキスをしたことを告白。この時の様子は、偶然居合わせたファンに隠し撮りされていた。さらに、「ユース・トゥ・ディス」は、初めてのキスの翌日、歌手ビリー・アイリッシュの兄で音楽プロデューサーであるフィニアス・オコネルと一緒に仕上げた曲であることも明かした。

今年の夏に始まったカミラ・カベロとショーン・メンデスの恋。現在も少しずつ関係を深めているようだ。彼女の「ファーストキスの瞬間を大切にしたい」という想いが込められたこの曲、ぜひ聴いていただきたい。

「ユース・トゥ・ディス」の歌詞↓↓

サンフランシスコなんて好きじゃなかった
あなたとキスするまで、「何にもない場所」だと思ってた
風の強い街は好きじゃなかった
でもあなたといると、どんな場所でも好きになれそうよ

こんなに強い感情は初めて
今夜は帰りたくないわ
ずっとここにいたいの
あなたの名前を呼ぶから聞いていてね
いつもと違って聞こえない?
こんなふうにささやいたことこれまでなかったの

少し時間がかかりそう
でもきっと慣れるわ
あなたの指先に
あなたのキスに
少し時間がかかりそう
でもきっと慣れるわ
あなたの細かいタトゥーを
全部覚えていくように
きっと慣れるわ

テキーラなんて好きじゃなかった
でもあなたを思うと
お酒が飲みたくなるの
あなたの指にできたタコ
遠くから見てもいとおしい
今や私の頬に触れているのね

今年の夏、カミラはショーン・メンデスのツアー先にできる限り同行したという。特にモントリオールでは、レストランでキスをしている様子が写真に撮られている。交際がスタートして以降、カミラはショーン・メンデスに夢中だそうで、ひと時も離れたくないようだ。

関係者は、「2人はいつも一緒にいるよ。カミラも忙しい合間を縫って、2人の時間を楽しんでいるようだよ」と語る。ちなみに、ショーン・メンデスはタトゥーを入れており、タコのできた指でギターを弾いている。

カミラ・カベロ、ショーン・メンデスとお互いがまさに恋に落ちた瞬間について語る[動画あり]

2019年12月9日

カミラ・カベロ、恋人ショーン・メンデスと堂々とイチャイチャしても周りの目を気にしない! その理由とは[動画あり]

2019年11月30日

カミラ・カベロ、ショーン・メンデスとは「2015年から恋に落ちていた」と告白! 当時交際しなかった理由とは・・・?

2019年11月22日

ショーン・メンデス&カミラ・カベロ、一緒にタトゥーをゲット! ふたりが選んだデザインとは…[写真あり]

2019年11月14日

ショーン・メンデス&カミラ・カベロが一緒にバスケを観戦! でも試合そっちのけでキスしてばかりいるラブラブ写真が公開[写真・動画あり]

2019年11月13日
tvgrooveをフォロー!