「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のジョシュ・クリングホッファーが脱退し、元メンバーのジョン・フルシアンテが再加入することが決定

人気ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のギタリストをつとめるジョシュ・クリングホッファーがグループを抜けることが発表され、なんと元メンバーであったジョン・フルシアンテが復帰することが決定した。happymag.tvなど様々なメディアが報じている。

レッチリファンにはたまらない朗報がやってきた。あの伝説のギタリスト、ジョン・フルシアンテが「レッド・ホット・チリペッパーズ」に再加入することが決定したのだ。

インスタグラムの投稿で、現在「レッド・ホット・チリペッパーズ」でギタリストをつとめるジョシュ・クリングホッファーがグループを抜けることが発表された。「ジョシュは俺たちが愛し、尊敬する素晴らしいミュージシャンだ。俺たちは彼と一緒に過ごすことができた時間に、そして数え切れないほどの感動を俺たちとシェアしてくれたことに、とても感謝する」と書きつづられた。

「レッド・ホット・チリペッパーズ」の公式アカウントの投稿↓↓

レッチリの投稿にはクリングホッファーの脱退という発表とともに、サプライズニュースも添えられていた。「もうひとつお知らせだ。エキサイティングで心からの歓迎をしよう。ジョン・フルシアンテが俺たちのバンドに再加入だ」と、なんとジョン・フルシアンテが再加入することになったのだ。彼が最後に参加したものとしては2006年に発売された2枚組のビッグアルバム、「ステイディアム・アーケイディアム」。それ以来となる新たな作品がファンのもとに届けられることになるだろう。

実はジョンは3度目のバンド再加入となる。1991年に発売された「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」のブレイク後脱退、そして1999年から2009年の間にギタリストとして再加入している。ジョシュの在籍は2011年にリリースの「アイム・ウィズ・ユー」そして2016年の「ゲートウェイ」、2つのアルバムの期間だけとなった。

この朗報にファンたちはよろこび、そしておどろきを隠せないようで、「オーマイゴッド」というコメントが多く投稿されている。

ジョンの再結成はフリーが発表した回顧録「アシッド・フォー・チルドレン」に続くニュースだ。すでに参加が決まっているアラバマ州で開催される「ハングアウト・フェスティバル」と「ボストン・コーリング・フェスティバル」に続いて、2020年はバンドにとっても大きな一年となりそうだ

tvgrooveをフォロー!