ハリー・スタイルズ、「一般人とも付き合う」と告白! テイラー・スウィフトなど有名人との恋愛も振り返る

NEWS
ハリー・スタイルズ

「ワン・ダイレクション」メンバーで現在ソロアーティストとして活躍中のハリー・スタイルズ(25)が、有名人だけでなく一般人とも付き合ったことがあると告白した。

これまでに歌手のテイラー・スウィフトやモデルのケンダル・ジェンナーなど、大物セレブたちと熱愛報道が出ていたハリー・スタイルズ。彼は12月14日にThe Guardianに掲載されたインタビューで「有名人はなぜ有名人と付き合うのか。悪い結果になりがちなのに」という質問に対し「みんなそうじゃない?最初から悪い結果になりそうだって感じていても、そこへ向かっていってしまう」と話し、過去に有名人と交際した過去を振り返った。

さらに「有名人としか付き合わない?」といった質問に対して「そんなことないよ。でも僕はプライベートを大切にしてる。君たちが知らないだけだよ」と、一般人との交際にもオープンであることを明かした。

ハリーは12月13日に新アルバム「Fine Line」をリリース。その中の「Cherry」という楽曲は元カノでモデルのカミーユ・ロウ(33)のことについて歌っており、なんと曲の最後には彼女からのボイスメールがそのまま使用されている。

【音源】Harry Styles – Cherry (Official Audio)

 

ボイスメールでカミーユは「ハロー!寝てたかしら?」「ごめんね」「ええと、いやそんな重要な話じゃないから」「ええとじゃあ」「私たちビーチにいってね、でね、今」「完璧よ、ハリー!」とハリーへ話しているものだ。

ハリーの音楽プロデューサーも明かしていたが、カミーユとの破局はハリーにとって大きな影響を与えたようで、まさにこの楽曲からもハリーがカミーユのことを引きずっていたことがわかる。

tvgrooveをフォロー!