アリアナ・グランデのヒット曲「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」、実はカミラ・カベロの曲になる予定だったことが明らかに

カミラ・カベロと、アリアナ・グランデ

人気歌手のカミラ・カベロが、アリアナ・グランデのヒット曲「ゴッド・イズ・ア・ウーマン(原題:God is a Woman)」は、元々カミラが歌う予定の曲であったと明らかにした。

【動画】Camila Cabello on Her Friendship With Ariana Grande

 

アリアナ・グランデのアルバム「スウィートナー」に収録されている楽曲「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」。実は曲制作の最中でカミラ・カベロは曲を手放し、最終的にアリアナ・グランデのところへ渡ったようだ。

カミラは、アンディ・コーエンのSiriusXMラジオ番組、「ラジオ・アンディ(原題:Radio Andy)」に出演。「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」はもともと彼女の曲で、最終的に手放すことにしたことを明らかにした。

「たしかあの曲にはコーラスの部分があって、そのバースを私が書いたんだけど、最終的になんだかしっくりこなかったの。それで、彼女とみんながアリアナバージョンを書いてみたら、最高のものができたのよ」

プライベートでも仲よしなことで知られているアリアナとカミラ。アリアナとコラボをする機会があればいつでもよろこんで受けること、そしていままで何年もの間二人は支え合ってきていると話した。

「(コラボの話が出たとしたら)わたしは大歓迎よ!あの子のことが大好きなの!彼女はわたしの友だちよ」「アリアナはほんとうにスイートなのよ。いつもわたしたちはお互いに、『最近どう?』って感じで気にかけあっているし、例えば、彼女がインスタグラムに精神的にも、感情的にも良いコンディションであること投稿していたら、『よかった、私もうれしい!』ってコメントしたりね」

また、カミラが異なった歌詞でバースを歌っている「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」のデモは、2018年のリリース前にリークしていたのだ。

カミラが手放したあと、同曲がアリアナの手元に渡ったことは不思議なことではない。実は、アーティストが曲のリリースをしないことを決めたり、あきらめたりした際に、アーティストの間で曲が行き来することはよくあることなのだ。

この曲は結果的にアリアナとともにビッグヒットを記録し、ビルボードでも第8位にランクイン、ミュージックビデオは「MTV ビデオ・ミュージック・アワードで」最優秀特殊効果賞も受賞した。リリース以来、2億5000万回以上も再生されている。

【動画】Ariana Grande - God is a woman

アリアナ・グランデ、鼻の整形疑惑についてのネット上の話題に、なんとアリアナ本人が登場し、オモシロ画像をつけて反論

2019年12月18日

カミラ・カベロ、新アルバム収録曲はショーン・メンデスへのラブレターだった[音源あり]

2019年12月16日

アリアナ・グランデ、今年行った世界ツアー「スウィートナー・ツアー」のライブアルバムのトラックリストを発表! そのユニークな発表の仕方とは

2019年12月14日

カミラ・カベロ、斬新なデザインのコスチュームでパフォーマンス! セクシーなのに自ら爆笑のコメントをつける[動画あり]

2019年12月11日

カミラ・カベロ、ショーン・メンデスとお互いがまさに恋に落ちた瞬間について語る[動画あり]

2019年12月9日
tvgrooveをフォロー!