“絶対的ポップ・アイコン”となったハリー・スタイルズ、彼の音楽性に影響を与えたミュージシャンとは?

2019 Rock and Roll Hall of Fame Induction Ceremony held at Barclays Center Featuring: Harry Styles, Stevie Nicks Where: New York, New York, United States When: 30 Mar 2019 Credit: Ivan Nikolov/WENN.com

英国出身ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のメンバーで、現在はソロアーティストとして活動しているハリー・スタイルズ。絶対的ポップ・アイコンとなった彼は、12月13日(金)にリリースしたセカンド・ソロ・アルバム『ファイン・ライン』で、全米アルバム・チャート1位を獲得。さらにソロ・デビュー・アルバムに続き、デビューから2作連続での全米1位獲得となり、これによりハリーは「デビューから2作連続で全米チャート初登場1位を記録した、初のUK出身男性ソロ・アーティスト」という歴史的界快挙を達成した。

セカンド・ソロ・アルバム『ファイン・ライン』より「Lights Up」

そんな快進撃が止まらないハリーには、彼の音楽性に影響を与えたミュージシャンが存在するという。彼の過去のインタビューから、その一部を紹介する。

ヴァン・モリソン

イギリスのミュージシャンであるヴァン・モリソンは、高い音楽性と歌唱力の持ち主。多くのミュージシャンが彼を尊敬し、また影響を受けているという。ハリーもそのうちの一人。ハリーは過去のインタビューでヴァン・モリソンの曲を大絶賛。「『Madame Gorge』は僕のお気に入りの曲のひとつ。9分もあるんだ。長い曲ってたくさんあるけど、これまで僕のお気に入りがなかったんだ」とコメントした。さらに「メロディ的には、彼は独自のラインを持っていて、聴くものの予想をズバリ外すんだ。とっても素晴らしいよね」と付け加えた。

Madame George (2015 Remaster)

ポール・マッカートニー

ハリーがソングライターとしてインスピレーションを受けているのは、ポール・マッカートニーのようだ。ハリーは「ポール・マッカートニーはインスピレーションの最大の源なんだ」と語っていた。そしてポール・マッカートニーの作品が大好きだと公言していた。「彼の楽曲からは自由を感じることができる。その自由な感覚を、自分の音楽からも伝えれるようになりたい」とハリーはコメントした。

#FreshenUpTour in Nagoya, Japan

ミック・ジャガー

ハリーはワン・ダイレクション活動時から「ミック・ジャガーからインスピレーションを受けている」語っていたよう。また、ハリーは人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」でミック・ジャガーを演じた。

さまざまなインタビューでミック・ジャガーはハリーのことについて聞かれているが「彼が影響を受けていることは知っているよ。でも何もアドバイスできないね。ただ見た感じハリーはナイスだ。彼はとても親切だから好きだよ」とコメントしたようだ。ミック・ジャガーは、自身がハリーに影響を与えていることを認識している。

「ワン・ダイレクション」ハリー・スタイルズの友人の野村訓市氏が、ハリーとの友情&来日秘話を語る! 「最初は『1D』のことも知らなかったけど…」

2020年1月8日

ハリー・スタイルズ、チップになんと22万円の大盤振る舞い! 友人ジェームズ・コーデンとバカンス[写真あり]

2020年1月7日

ハリー・スタイルズ&アデルが交際!? 一緒にバカンスを楽しむも、ファンは様々な心配を寄せる[写真あり]

2020年1月6日

ハリー・スタイルズがピザの配達員にドッキリを決行! しかしハリーが泣いてしまう事態が発生!?[動画あり]

2019年12月25日
ハリー・スタイルズ_最新A写

クリスマスにハリー・スタイルズから嬉しいプレゼント! 最新アルバム『ファイン・ライン』が全米1位&記録的初週セールスで歴史的快挙達成!日本のファンへメッセージ動画到着

2019年12月24日