元NBAのスター選手コービー・ブライアント、ヘリコプター墜落で死去 享年41歳

コービー・ブライアント

元NBAのスーパースター選手として知られているコービー・ブライアントが、乗っていたヘリコプターが墜落し、41歳という若さで亡くなったことがわかった。USA Todayなど各メディアが報じている。

コービー・ブライアントは、アメリカ出身のプロバスケ選手で、ロサンゼルス・レイカーズに所属し、20年間に渡り活躍し、数々のMVPなど賞を受賞。NBAを代表するスター選手として愛され、2016年に引退した。

米時間1月26日(日)、コービーが乗っていたヘリコプターが、ロサンゼルス・カラバサスの丘に墜落し全焼。パイロットと乗客9人全員が亡くなった(当初の発表は5人であったが、その後9人に訂正された)。そこにはコービーの娘のジアナさん(13)も搭乗しており、死亡が確認された。

墜落の原因は不明だそうだが、その時現場周辺は霧が濃く、視界が悪くなっていたことが原因ではないかとも言われている。現在事故原因の調査を行なっているという。

日頃からコービーは移動手段としてヘリコプターを使うことがあり、この日もコービーたちは、ジアナさんが参加するバスケの試合を観戦するため、ヘリを使用していた。

ヘリコプターが墜落した丘や、コービーが長年活躍したレイカーズの本拠地のステイプルズ・センターには、数百人のファンが集まり、コービーの死を忍んでいるという。また多くのセレブたちもコービーとジアナさんの訃報にショックを受け、コメントを投稿している。

tvgrooveをフォロー!