ハリソン・フォード、ドナルド・トランプ米大統領を「クソ野郎」と呼ぶ

ハリソン・フォード

映画『スター・ウォーズ』シリーズでハン・ソロ役を務めるなど、数々の名作に出演している米ベテラン俳優のハリソン・フォード(77)が、現在アメリカ合衆国の大統領であるドナルド・トランプ氏を「クソ野郎」と呼び、話題となっている。

トランプ大統領の話題になるのは6分30秒頃~

ハリソン・フォードは2月10日に放送されたトーク番組「Jimmy Kimmel Live」に出演。そこでは過去に大工であったこと、インテリアショップの店員であったがクビにされたこと、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で自身が演じるハン・ソロが死んだことなどについてジョークを交え赤裸々に語った。

また話題は、ハリソン出演の最新作『野性の呼び声(原題:The Call of the Wild)』へと移る。番組内ではハリソン演じるソーントンと作中の愛犬バックが出会うシーンが流れ、これに対しハリソンは「この犬は実は存在しないんだ。今犬が見えたよね?撮影したときにはこの犬はいなかったんだよ!」とおどけて話し、観客を笑わせた。

すると同番組司会者ジミー・キンメルは、同作のメディアからの評論らしきコメントを紹介。そこには「完璧な電話(The Call)だった」などとかいてあるのだが、よく読むと「ドナルド・トランプ」と書いてある。実はこれは、トランプ大統領を弾劾の危機へと追い込んだ「ウクライナ疑惑」について、トランプ氏自身が発言したコメントしたものなのだ。

トランプ氏はウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領と2019年7月25日、電話で会談したことが発端でこの「ウクライナ疑惑」が発生したのだが、この電話についてトランプ氏は「完璧な電話(The Call)であった」とコメントしている。このトランプ氏のコメントは国民の多くが知るフレーズとなっている。

作品タイトルの一部である「The Call」をトランプ氏の発言にかけた、政治風刺を絡めたいたずらにハリソンは大喜び。大爆笑しながら「あのクソ野郎にこんなことをしてもらったのは初めてだよ」と、トランプ大統領をさらりと批判したのだ。どうやらハリソンはトランプ政権のファンではないようだ。

ハリソン・フォード最新作『野性の呼び声』はアメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンの世界的名作冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉の壁を超えた友情と冒険を描く感動のアドベンチャーを実写化。

同作は2月28日日本全国でロードショーだ。

『野性の呼び声』予告編

野生の呼び声

『ライオン・キング』『アラジン』のクリエーター最新作、ハリソン・フォード主演『野性の呼び声』の日本公開が決定! 予告編も解禁

2019年12月6日

「スター・ウォーズ」マーク・ハミルとハリソン・フォードが一緒にオーディションを受ける映像が発掘される! 初対面での演技ですでに化学反応[動画あり]

2019年7月30日

ハリソン・フォード、76歳で決死のスカイダイビング! さすがスター、「次は一人でやりたい」[動画あり]

2019年6月5日
ジョージ・ルーカス、ビリー・ディー・ウィリアムズ、マーク・ハミル、ボブ・アイガー、ハリソン・フォード

「スター・ウォーズ」新エリアお披露目イベントに、ジョージ・ルーカス、ハリソン・フォード、マーク・ハミルら豪華ゲスト登場! 風景・食べ物・グッズ・アトラクションに至るまで世界観を完璧に再現

2019年5月31日
「スター・ウォーズ」

マーク・ハミル、新「スター・ウォーズ」で旧トリオがそろわなかったことを後悔! 「二度とハリソンと仕事はできないだろうね」

2019年3月6日