ミラ・ジョヴォヴィッチ、新しく生まれた娘が病気を患っていることを告白。その病とは?

『バイオハザード』シリーズで知られる人気女優のミラ・ジョヴォヴィッチに新たに三女が誕生したのだが、その新しい娘が病気を患っていることを告白した。米People.comなどが伝えている。

ミラは、月曜日に、生まれてから一週間たった娘に「黄疸の悪い症状がでている」と告白。先日、4歳の娘であるダシールちゃんとともに、哺乳瓶でミルクを上げている写真をSNSに投稿した。そして「子どもたちがお互いを愛して、一緒にいる時間を楽しんでいるところを見るよりほかにスウィートなことなんてないわ」とコメントした。

View this post on Instagram

There’s nothing sweeter than seeing your children loving each other and appreciating their time together. @dashielanderson can’t get enough of “her sweet little baby” and feeds her whenever she can. I’ve had to supplement with expressed breast milk because Osian has a bad case of jaundice that she hasn’t been able to kick, so we’ve been in and out of the hospital all week and they said the more milk she eats the quicker she’ll get them all out. But she falls asleep so quickly breastfeeding that we’ve had to do the bottle feedings so she gets as much as possible. Poor one has so many little scratches on her heels where they’ve taken blood to test her for antibodies, it makes my heart hurt to think about. But hopefully the blood test they did today will show that she’s all better.??

A post shared by Milla Jovovich (@millajovovich) on

ミラの3女にあたる新しく生まれた娘が患っているのは、「黄疸」という疾患。体内にビリルビンというものが過剰にあることで、眼球や皮膚といった組織や体液が黄色く染まってしまうというものだ。ミラは「抗体をテストするための採取をしたとき、それを考えるだけでとても心が痛かったわ。たくさんの小さなキズができていてのよ。先生たちが今日行った血液検査の結果は、すべてがいい方向へ進むことを示してくれると願っているわ」とコメントした。

ミラの美しい赤ちゃん、一刻も早い回復を願うばかりだ。ミラ・ジョヴォヴィッチは、『バイオハザード』シリーズの監督ポール・W・S・アンダーソンと撮影を通して知り合い、結婚。3女をもうけている。

「ヘルボーイ」

リブート版「ヘルボーイ」、2019年秋公開決定! 史上最強のダークヒーロー遂に日本降臨

2019年4月18日
ロブ・ライナー監督

「スタンド・バイ・ミー」で知られる名匠ロブ・ライナー監督、最新作「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」を引っさげ初来日! 人生初の豆まきに挑戦する、お茶目な一面も

2019年2月1日

映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描く! 世界中を欺く巨大な嘘を覆せるか?[予告編あり]

2018年12月20日
tvgrooveをフォロー!