「Xファクター」「ラブ・アイランド」のキャロライン・フラックが自殺 元カレのハリー・スタイルズの母も追悼コメントを投稿

キャロライン・フラック
キャロライン・フラック

イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」や、恋愛リアリティ番組「ラブ・アイランド」のホストなどで知られる、イギリスの人気ラジオ&TVパーソナリティーのキャロライン・フラックが、自殺により、40歳という若さで亡くなったことが明らかになった。theguardian.comなど各メディアが報じている。

長年パーソナリティーとして活躍してきたキャロライン・フラックは、現地時間2月15日(土)に、ロンドンにある自宅で自殺により亡くなったことが明らかになった。キャロラインの家族は「キャロラインが2月15日の今日、亡くなりました。マスコミの方々には、私たちに連絡してきたり、写真を撮ったりはしないよう、家族のプライバシーを尊重していただきたいです」と声明を発表した。

実はキャロラインは去年12月に、彼氏であったルイス・バートンを自宅のランプで殴ったとして暴行罪で起訴され、バートンは裁判所に「頭部に重大な損害を受けた」を証言。来月3月4日からその裁判がスタートする予定であった。また現在ふたりは裁判中なので連絡を取り合うことが禁じられているが、ルイス・バートンは彼女が亡くなる前日に連絡を取ろうとしていたという。またこれをキッカケにキャロラインは「ラブ・アイランド」を降板させられていた。

キャロラインの暴行事件以降、英サン紙はじめいくつかのメディアは、キャロラインを大バッシングし、英サン紙においてはキャロラインをバッシングする記事を100近く投稿していた。

キャロラインの死に多くのファンたちと友人セレブたちはショックを受け、キャロラインの死はタブロイドによるイジメであると訴えかけている。

またキャロラインは過去に「ワン・ダイレクション(1D)」のハリー・スタイルズと交際していたことでも知られ、ハリーの母のアンナ・ツウィストは、ハートが割れた絵文字と共に「心が張り裂けそう キャロライン・フラック、安らかにお眠りください」とツイートを投稿している。

さらにキャロラインの友人である「ワン・ダイレクション(1D)」のナイル・ホーランも、キャロラインをいじめるような記事を投稿してきたゴシップ紙を痛烈批判。「タブロイドというのは、どんな死に対しても、いかなる形であっても責任を負わない。賃金と宣伝のためにこれらのひどすぎる記事を書いた人々を残念に思う」とツイートした。

tvgrooveをフォロー!