ビリー・アイリッシュの所属レーベルから20歳の新人登場!オリバー・マルコム(Oliver Malcolm)、シングル「Switched Up」でソロ・デビュー

オリバー・マルコム
オリバー・マルコムPhoto_by_Aamir Khuller

現在大ヒット中、今年1月に開催された「第62回グラミー賞」で、グラミー賞史上最年少18歳で、主要4部門計5部門を受賞したビリー・アイリッシュ。そんな彼女を送り出した所属レーベルであるThe Darkroomから新人をご紹介!

オリバー・マルコム(Oliver Malcolm):スウェーデン生まれ、イギリス育ち、今はLAを中心に活動中の20歳。
本日、オリバーがデビュー・ソロシングル「Switched Up」を配信リリース。併せてYouTubeでオフィシャル・ミュージックビデオを公開した。

●オリバー・マルコム「Switched Up」

監督:ジェス・コール (Jess Kohl) 共同制作:オリバー・マルコム

ヒップホップ、オルタナティブ、R&Bのジャンルを越えたこのシングルは、オリバーが20年間培ってきたプロダクションの技術とソング・ライティングの才能が凝縮されており、この時代に現れた最も新しい音楽と言っても過言ではないだろう。さらに、ジェス・コール(Jess Kohl)の監督のもと、オリバーが共同制作し、「Switched Up」のミュージック・ビデオは、ダイナミックなビジュアルで表現されている。

これを受け、所属レーベルであるInterscope Recordsのエグゼクティブ・バイス・プレジデント、Joie Manda氏がこのようにコメント。

「オリバー・マルコムは信じられない才能を持ったアーティストであり、プロデューサーであり、The Darkroom&Interscopeチームに彼を迎えられることを嬉しく思います。これは彼のキャリアにとって非常にエキサイティングな次のチャプターになるでしょう。」

そして、The Darkroomの創設者であるJustin Lubliner氏も以下のように付け加えた。
「オリバーが大好きだったので、Darkroom / Interscopeに来てくれて、とても嬉しいです。彼は素晴らしく、ずば抜けた才能があります。これから我々の力となるので、ぜひご注目ください。」


■オリバー・マルコム プロフィール
スウェーデン生まれ、イギリス育ち、今はLAを中心に活動中の20歳のスーパープロデューサー。
12歳のときにレコードをスピンする方法を覚え、音楽制作ソフト「Logic」をダウンロードして独学でプロダクションを学ぶ。
後に、IDK、MF Doom、Joey Bada $$、Jay Rock、Masego Tinasheなどの音楽を手掛けるようになり、20歳になった今、オリバーは独自のボイスと作詞作曲スタイルを確立。制作、歌唱、ソングライティング、エンジニアリング、ミキシング、マスタリングのすべてを自ら手掛けるオリバーのサウンドはユニークであり、1つのジャンルの型にはまらない。多岐にわたる彼の新しい才能に、今後、ぜひご期待ください。

■楽曲情報
オリバー・マルコム「Switched Up」 https://umj.lnk.to/OliverMalcolm_1stSong

オリバー・マルコム公式インスタグラム(海外) https://www.instagram.com/olivermalcolm/
オリバー・マルコム公式ツイッター(海外) https://twitter.com/OliverMalcolm
オリバー・マルコム公式YouTube(海外)
https://www.youtube.com/channel/UCl76yIn8REvGh972gNvtKZA

ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、「No Time To Die」を鳥肌パフォーマンス! 「2020 BRIT Awards」にリゾ、メイベルら大注目アーティストも集合[動画あり]

2020年2月19日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、インスタコメントを読むのを止める!「人生を狂わすでしょ」

2020年2月19日
ジャスティン・ビーバー、ビリー・アイリッシュ

ジャスティン・ビーバー、「ビリー・アイリッシュを守りたい」と号泣! そう語る理由とは・・・?[動画あり]

2020年2月17日

ビリー・アイリッシュが手掛ける、映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌が公開[動画あり]

2020年2月14日

ビリー・アイリッシュ、アカデミー賞のステージでザ・ビートルズの名曲「イエスタデイ」のカバーを披露[動画あり]

2020年2月10日
tvgrooveをフォロー!