パリ・ファッション・ウィークにて、披露されたコレクションが斬新すぎると若者を中心にバイラル化

現在フランス・パリで開催されている「パリ・ファッション・ウィーク」にて行われた、有名ブランド「ヴィクター&ロルフ」の2019春コレクションが今ネット上で大きな話題となっている。

同ブランドは、オランダ・アムステルダムに拠点をおき、今までで、いくつもの斬新でメッセージ性のある作品を発表してきた。

2006年には、「H&M」とコラボをするなど、馴染みのあるブランドが今、なぜ話題となっているのか?

同ブランドデザイナーの、ヴィクター・ホスティンロルフ・スノランが、今回のコレクションで発表した34ものガウンは、たくさんのフレーズとグラフィックがデザインされている。

そのフレーズの多くは、インターネットスラングのMeme(ミーム)*を引用したもので、辛辣なものからくすっと笑ってしまうものまであり、いま若い世代を中心に受けているのだ。

*meme:インターネットを通じ、人から人に伝わっていく、行動、コンセプト、メディアのこと。

:私はシャイじゃない。あなたのことが好きじゃないだけ)

このように、ファッションに、メッセージを組み込むというなんとも新しく、斬新で、前例をあまり見ないデザインが、今バイラル化している。

ファッション業界において、新しい道を切り開きつつある「ヴィクター&ラルフ」の今後のショーにも注目だ。

そのほか写真はこちらから↓↓

:地獄へ行け)

:私のことはほっておいて)

:私が私のミューズ)

:遅れてごめんなさい。来たくなかっただけなの)

:信じて、私はうそつきよ)