『スター・ウォーズ』レイ、最後に使った「黄色のライトセーバー」は自分で作ったものだった! 最初は「ダブルブレード」が欲しかったことも明らかに

レイ(デイジー・リドリー演)
レイ

『スター・ウォーズ』続3部作で主人公として登場したレイ(デイジー・リドリー演)。彼女が『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のラストシーンで出したライトセーバーは、レイが自分で作ったものであったことが明らかになった。

去年の12月、『スター・ウォーズ』シリーズの最新作で、スカイウォーカー・サーガの最終章となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が公開。そこで死んでいたはずの旧帝国軍の皇帝パルパティーンが復活し、さらに主人公レイの両親についてついに明らかになるなど、驚きが多かった。しかし複雑なストーリーの中で、完全に説明されていない部分もあり困惑するファンも。

そんな中、小説版『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が3月17日に発売され、映画版では描ききれなかった詳細の多くが明らかになった。

レイは、続三部作では自分のライトセーバーを持っておらず、ルーク・スカイウォーカーが過去に使っていたセーバーを使用していたが、『スカイウォーカーの夜明け』の最後のシーンでついに自分の黄色いライトセーバーを取り出す。しかしこのライトセーバーはどこから来たものなのだろうか?

小説版ではライトセーバーに関してこのように書かれている。

「レイは作業台の上にある未完成のライトセーバーを見つめる。それはまだ使うのに十分ではない。そして彼女が骨身を削り修理したルークのセーバーは、彼女のものではない」

「いつか彼女がライトセーバー作りをマスターしたとき、彼女が以前(武器として)使っていた棒に似たようなものをデザインするかもしれない。持ち手の両側に刃のついたものだ。持ち運びやすくするため、真ん中にはちょうつがいもついているかもしれない」

『スター・ウォーズ』では、一人前のジェダイとなるためには自力で必要な部品を集め、フォースの導きに従って心中に浮かんだ設計図のみで、自分専用のライトセーバーを一から組み立てることが課題となっている。中には金属の柄の中にフォースと共鳴するカイバー・クリスタルが内蔵されているため、フォースを持つ者のみが使用できる。

映画版では描かれていなかったが、レイもこのジェダイになるためのトレーニングの過程で自分のライトセーバーを作っていたようだ。さらにダブルブレードのデザインを欲しがっていたことも明らかに。しかし映画で登場したレイのライトセーバーはダブルブレードではなく、一般的な形のものでった。

また内部にいれるカイバー・クリスタルを、レイがどこで手に入れたのかなどは小説版にも出てきていないが、ファンは「レイはルークとレイアのセーバーを解体し合体させ、自分用のセーバーを作ったのでは」などと予想している。

故キャリー・フィッシャーと、娘ビリー・ロード

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、レイア姫役の故キャリー・フィッシャーの映像を娘ビリー・ロードが撮影! その撮影風景が初公開[動画あり]

2020年3月13日
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』より

『スター・ウォーズ』、レイの父は「〇〇の失敗作」だった! 小説から明らかになる6つの驚きの真実まとめ

2020年3月11日
アミダラ女王

キーラ・ナイトレイ、『スター・ウォーズ』撮影当時に「居眠りした」と告白! 「それ以外何も覚えてない」

2020年3月9日
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』カイロ・レンと、レイ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、レイとカイロ・レンのキスに恋愛要素はなかった!? あのキスの真相が明らかに[※ネタバレあり]

2020年3月6日
『スター・ウォーズ』パルパティーン

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、皇帝パルパティーンの復活の理由がついに明らかに! 実はパルパティーンは〇〇だった[※ネタバレあり]

2020年3月5日
tvgrooveをフォロー!