「ロキはアイデンティティについて悩む」と脚本家がぽろり! マーベル新作「ロキ」の詳細が少しだけ明らかに

トム・ヒドルストンが演じるロキ
ヒドルストンが演じるロキ

映画『マイティ・ソー』シリーズのスピンオフで、マーベル最新ドラマの「ロキ(原題:Loki)」について、脚本家が少しだけ詳細を話した。

「ロキ」の脚本家には、人気アニメ「リック・アンド・モーティ」も手掛けたマイケル・ウォルデンが起用された。ソーの弟であるロキ役は、映画から引き続き英俳優トム・ヒドルストンが演じ、ディズニーの配信サービス「Disney+」で配信予定。日本での配信は未決定。

今回、ベン・ブラッカーのポッドキャスト「The Writers Panel」に登場した脚本家のマイケル・ウォルデンは、「ロキ」の核となるコンセプトを話した。

マイケルは「自分が誰なのかというアイデンティティ、また誰になりたいかという戦いの話だと思う。僕は自分を制御しようとするキャラクターに惹かれるんだ」と、「ロキ」は自分を見つけるのに苦労する姿を描いていると語った。

さらに「ロキがこれまで出ている10年分の映画を見ていると確かにわかるように、彼は自分の人生のいちばん大切な時期を自分でコントロールできなかった。彼は養子だったし。そういったものが怒りに変わり、家族へと向かっていく」と、彼の幼少期の話もドラマ版に重要な要素だと話した。

トム・ヒドルストンは、2月下旬に米ジョージア州アトランタにて、共演者のオーウェン・ウィルソンと共に「ロキ」の撮影をしている姿が初めて目撃された。その際雨がどしゃぶりであり、背後にはガードマンのような人々が見られた。オーウェン・ウィルソンがどのような役をつとめるのかは今でも謎だ。

またトム・ヒドルストンは1月後半、「ロキ」撮影に向けてワイヤーアクションの練習をしている動画を投稿。トムはジャンプした後マットの上にドサッと倒れ込むと、スタッフから笑い声が上がっている。

View this post on Instagram

Prep is going really well. #Loki

A post shared by Tom Hiddleston (@twhiddleston) on

「ロキ」はDisney+には2021年春頃開始と発表されているが、現在コロナウィルスの影響でほとんどのエンタメ界の動きがストップしているため、延期の可能性も否定できない。

『リトル・マーメイド』

ディズニー、『リトル・マーメイド』などの実写化映画や注目作の制作を一時停止に!停止を発表された作品は?

2020年3月14日
トム・ヒドルストン

「ロキ」トム・ヒドルストン、ネットフリックスの新スリラーシリーズで主演が決定! ヒミツを握られてしまう政治家を演じる

2020年2月6日
The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

『マイティ・ソー』ロキ役のトム・ヒドルストン、実はソー役でオーディションを受けていた! オーディションでソーを演じる姿を初公開[動画あり]

2019年11月27日
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

トム・ヒドルストン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」におけるロキの行為を「贖罪」と説く! その心は?

2019年1月16日
トム・ヒドルストン演じるロキ

「MCU」人気キャラクター ロキ、実は密かに【いいやつ】になっていた?! 過去の悪行は「ぜんぶ、サノスのせい」

2019年1月3日
tvgrooveをフォロー!