「デス妻」キャスト、不正入学スキャンダルのフェリシティ・ハフマンを「素晴らしい人」と擁護! メンバーが生配信で久々に集合[動画あり]

「デスパレートな妻たち」
「デスパレートな妻たち」

人気を博したドラマ「デスパレートな妻たち」のメインキャストたちが、オンライン生配信の番組に出演しファンを喜ばせた。

「デス妻」キャストが久々に集合!

「デスパレートな妻たち」は、2004年から2012年にかけてアメリカ合衆国のABCで放送されていたテレビドラマ。郊外のウィステリア通りに住む“お盛んな”女性たちが巻き起こす波瀾万丈なエピソードの数々を、サスペンス、ミステリー、コメディ、お色気の要素を交えて強烈に描くコメディ・タッチのドラマである。

また、同作でリネット・スカーボ役を演じたフェリシティ・ハフマンは2019年3月、自身の子供を名門大学に不正入学させる組織に対し「チャリティ金」を装い、賄賂(わいろ)を支払ったことがFBIの操作により発覚し、逮捕されるという事件が起きた。フェリシティは2017年に、自身の娘のSAT(大学進学適性試験)のスコアを上げるため、進学カウンセラー側に1万5000ドル(約162万円)を支払っていたことが明らかになり、裁判後に14日の刑務所生活を送った。現在は釈放されている。

今回オンライン生配信「Stars in the House」に出演したのは、「デス妻」でガブリエル役を演じたエヴァ・ロンゴリア、ブリー役マーシャ・クロス、レネ役ヴァネッサ・ウィリアムス、メアリー役ブレンダ・ストロング、キャサリン役ダナ・デラニーだ。

配信の中で、スキャンダルのあったフェリシティ・ハフマンについてズバリ聞かれたキャストたち。マーシャ・クロスはこれに対し「フェリシティはマジで天才よ。信じられないほど素晴らしい女優なの」と、べた褒め。続けてエヴァ・ロンゴリアは「フェリシティは物語が展開するとき、すごくたくさん質問をするの。全部のシーンでね。彼女は本物の役者だよ」と、フェリシティのプロフェッショナル根性を明かした。

またエヴァは、フェリシティと病院でのシーンを振り返り「彼女の演技を見て鳥肌が立ったのを覚えてる。彼女を見ていて、自分のセリフを忘れちゃったのよ・・・だって素晴らしかったんだもの」と語った。

さらに「フェリシティとは強い繋がりがあったの。私達はみんな、番組の外でも友情を築いて、それは永遠に続くわ!」と、キャストの仲がいいと明かしたエヴァ。他のキャストもこれに賛同し、フェリシティのことを悪く言う人はいなかった。

ジェニファー・ロペスとエリザベス・ハーレイ

オーバー50歳なんて信じられる? ジェニファー・ロペスなど、ビキニを完璧に着こなすセレブたちが「年齢はただの数字」を証明[写真あり]

2020年3月4日

「デス妻」フェリシティ・ハフマン、不正入学事件でついに刑務所へ! 囚人服姿がキャッチされる[写真あり]

2019年10月21日

「デスパレートな妻たち」のクリエイターが放つ「Why Women Kill」極彩色、笑えて、泣けて結婚の弱点/難点を突く? 実は女性に自分探しの旅を促すブラックユーモア劇

2019年10月15日

「デス妻」フェリシティ・ハフマン、不正入学の罪で有罪を認め懲役4ヵ月へ 「娘には障害があった」と涙ながらに告白

2019年5月14日

不正入学で逮捕のフェリシティ・ハフマン、「デス妻」で演じたキャラも裏口入学していた! ワイロの金額まで同じという奇妙な一致も

2019年3月15日
tvgrooveをフォロー!