人気ドラマ「Empire」ジャマル役ジャシー・スモレット、暴漢に襲われ救急搬送 ヘイト犯罪か

ジャシー・スモレット

人気海外ドラマ「Empire 成功の代償」に、ジャマル・ライオン役で出演するジャシー・スモレット(36)が、暴漢に襲われ負傷。病院へ緊急搬送される事件が起きた。

第一報を伝えた米TMZによれば、米シカゴ警察は、「FOX放送ドラマの出演者」が「人種差別に基づく暴行事件に巻き込まれた」と公表。ジャシー・スモレットの名前は明かさなかったが、「歩行中の36歳の男性に、男性2名が近づき、人種、同性愛差別的発言を行った。被害者の顔を殴り、なんらかの薬品を浴びせた」と詳細を明かした。

また、「加害者は被害者の首にロープを回した」とも明かされている。容疑者は現場から逃亡したとされ、被害者は病院へ搬送されたものの、深刻な状態ではないとされている。

Peopleの続報によれば、現地警察は事件を捜査中で、有力な容疑者は見つかっていないとしている。事件は憎悪犯罪として扱われると目されている。

ジャシー・スモレットおよび、彼の代理人は、現時点まで事件に関する声明を発表していない。米FOXは、「Empireファミリーのひとり、ジャシー・スモレットが、凶悪事件に巻き込まれたことに、悲しみと怒りを感じます」との声明を発表。「暴力や憎しみ」に立ち向かうため、連帯の意思を示した。

番組クリエイターのリー・ダニエルズは、事件を受けて「きみはこんな目に遭うべき存在じゃない。他の誰もが、こんな目に遭うべきじゃない」との、ジャシー本人へ向けたメッセージを発表。「性的指向がどんなものであれ、お互いを愛し合わなくては」と語りかけた。

View this post on Instagram

We got this @jussiesmollett 🌈👊🏾👊🏾

A post shared by Lee Daniels (@theoriginalbigdaddy) on

ゼンデイヤは、事件の資料を示し「関心を持って」と訴えるとともに、「正義が果たされますように」と述べた。

ケイティ・ペリーは、事件は「差別に基づく憎悪犯罪」と事件を表し、「最悪の気分、国の恥」と嫌悪感を示した。