テイラー・スウィフト、ある人物の声を使ってカバー曲をリリース! それは宿敵スクーター・ブラウンへの施策だった…?

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト(30)が、ある人物の声を使ってカバー曲をリリースしたと話題になっている。また、その経緯はかなり作戦が練られていたようだ。E!Newsなどが伝えている。

テイラー・スウィフトといえば、5月25日に、サンドラ・オーが主演を務める、エミー賞など賞レースを席巻した大ヒットドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」の最新話での映像を投稿。同映像にはテイラーのヒット曲「Look What You Made Me Do」の、男性の声によるカバーが使われており、これにテイラーは「ジャック・レオパーズ&ザ・ドルフィン・クラブによる『Look What You Made Me Do』のこのカバーにとっても興奮しているわ!」とキャプションを添えた。

実はこの投稿にはかなり深い意味があったようだ。テイラーといえば、以前所属していたレコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」と、同社を買収したスクーター・ブラウンと版権問題で揉めている事で知られている。

ドラマの楽曲使用を依頼された際、テイラーはこのまま使用してしまうと楽曲使用料がスクーターたちに請求されてしまうと思ったようで、ジャック・レオパーズ&ザ・ドルフィン・クラブにカバーしてもらい、それを使用しようと決断したようだ。

このジャック・レオパーズ&ザ・ドルフィン・クラブというのは存在しないバンド名で、実はこのカバーしている声は、テイラーの弟のオースティン・スウィフトだと言われているのだ。

その理由として、以前英デイリー・メール紙が、テイラーが同ドラマに出演する女優フィービー・ウォーラー=ブリッジに弟が番組のサウンドトラックで歌えないか尋ねたという話が報じられたことや、さらに過去にオースティンがザ・ドルフィン・クラブというハンドルネームをツイッターで使用。極めつけは、このカバー曲のジャケット写真の人物は、顔は隠されているが、幼い時のオースティンなのだ。なのでオースティンがシンガーなのはほぼ間違いないだろう。

またジャック・レオパーズというのも、テイラーが長年一緒に作曲活動をしているジャック・アントノフのことである可能性が高く、また去年の終わり、テイラー家族とジャックたちがスタジオ入りする姿も目撃されている。

さらに楽曲には「Nils Sjöberg」という人物がプロデューサーとして参加していると記載されているのだが、これはテイラーが元恋人カルヴィン・ハリスと、「This Is What You Came For」を制作した際にも使っていた偽名で、「Look What You Made Me Do」のミュージックビデオにも、お墓のシーンである墓石にその名前が刻まれている。

そしてさらに意味深なのが、その墓石にはドルフィン(イルカ)のマークがついており、ザ・ドルフィン・クラブの関連をこの時からすでに示していたようだ。

とても計算しつくされた方法でカバー曲をリリースしてテイラー。これではスクーター側も到底かなわないだろう。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、最新写真でなんと「レインボーヘア」を披露! 夏らしい一枚に[写真あり]

2020年5月18日
ケイティ・ペリー

ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトとのコラボのウワサについて、ついに真相を語る!

2020年5月16日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、11歳のファンに直筆手紙をサプライズ! その理由が感動的だと話題に[写真あり]

2020年5月14日
テイラー・スウィフトとカミラ・カベロ、テイラーのインテリア

テイラー・スウィフトと同じ家具がみつかる! テイラーのインテリアを徹底分析するインスタアカウントに注目[写真あり]

2020年5月13日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、母の日に超キュートな幼少期の映像を公開! 母アンドレアさんへの感動的なメッセージが話題に[動画あり]

2020年5月13日
tvgrooveをフォロー!