「ジミー・ファロンは終わった」というハッシュタグがトレンド入り! 愛されキャラの人気司会者がいったいなぜ?

ジミー・ファロン
ジミー・ファロン

アメリカの人気司会者であるジミー・ファロン(45)の名を使われたハッシュタグ「ジミー・ファロンは終わった (#jimmyfallonisoverparty)」がトレンド入りし、話題となっている。

ジミー・ファロンといえば、NBCの深夜のトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」の司会を務め、ハリウッドスターや大物セレブたちにインタビューをし、ゲーム企画を取り入れるなど、視聴者を楽しませる“愛されキャラ”の司会者としても知られている。

そんな彼を批判する内容のハッシュタグがトレンド入りしたのは、2000年の動画がきっかけ。黒人以外の演者が黒人を演じるために施す舞台化粧「ブラックフェイス」をしてジミー・ファロンがNBCに出演しているものだ。

「彼が何をしたか知りたければ」と一本の動画が公開され、それに続いてツイッターでは「2000年にジミーがブラックフェイスをしていたことを知っているか」と、ブラックフェイスをしてコントをしたことが騒ぎに。しかし一方で「これはいつのもの?サタデー・ナイト・ライブ?20年前はだれもSNSなんてやってなかったから、話題にならなかったんだろうな。でも過去に焦点を当て批判するのはやめない?」との声も上がっている。

過去には、アシュトン・カッチャーがインド人をマネてコマーシャルに出演。議論を巻き起こし、人種差別であるという批判を受けてこのコマーシャルは中止になった。また『アイアンマン』シリーズでも知られる人気俳優のロバート・ダウニー・Jrが、2008年米公開の映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦(原題:Tropic Thunder)』で、黒人の役を演じるために皮膚整形で本物の黒人になってしまうという役柄を演じたたことでも、賛否両論を巻き起こしていた。

このようにブラックフェイスをすることは、かなりセンシティブな問題でもある。ソーシャルメディアが日常の一部と化した今、ネット上の批判的な攻撃は、過去の出来事も標的にされるようになってしまったようだ。

アーノルド・シュワルツェネッガー

もうすぐおじいちゃんになるアーノルド・シュワルツェネッガー、初孫への想い&ある心配事を明かす

2020年5月20日
マルーン5

マルーン5が、自宅から「メモリーズ(Memories)」をリモートでパフォーマンス! 故コービー・ブライアントに捧げる[動画あり]

2020年5月14日
マーク・ラファロ

マーク・ラファロ、ハルク役への挑戦には葛藤があったことを告白! その時手を差し伸べてくれたのはアイアンマンだった[動画あり]

2020年5月11日
ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズ、『デッドプール』の今後について語る! なんとMCU参加の可能性も…?[動画あり]

2020年5月7日
「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon 」よりBTSとジミー・ファロン Andrew Lipovsky/NBC'

BTS、ジミー・ファロン人気番組に登場! ニューヨーク・グランド・セントラル・ターミナルにて圧巻のパフォーマンスを披露 [動画あり]

2020年2月26日
tvgrooveをフォロー!