DCEU復帰とウワサの“スーパーマン”ヘンリー・カヴィル、あの話題作へのカメオ出演の可能性はほぼゼロか

ヘンリー・カヴィル
ヘンリー・カヴィル

人気俳優のヘンリー・カヴィルが、「DCエクステンデッド・ユニバース(以下、DCEU)」にスーパーマンとして将来戻ってくるための交渉中にあると報道され、ファンたちは大喜びだったが、これから公開予定のあの話題作には出演する可能性が低いという。

ヘンリーといえば、2013年に公開されたDCEUシリーズ第一作目の『マン・オブ・スティール(原題:Man of Steel)』よりスーパーマンを演じており、イギリス人俳優のヘンリーがアメリカの代表的ヒーローを演じることでも話題になった。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)』が公開され、さらにDCEUに登場するヒーローたちが集結した『ジャスティス・リーグ』にもヘンリー演じるスーパーマンは登場。しかし、『ジャスティス・リーグ』の興行収入が『マン・オブ・スティール』を下回ったことで、続編の危機が報道され、2018年には、ヘンリーがスーパーマンを演じないのはもうほぼ確実、などというウワサもあった。

今回復帰の交渉中にあるというヘンリー・カヴィル。しかし、『マン・オブ・スティール(原題:Man of Steel)』の続編でのカムバックはありえないとウワサされている。そんな中、今回新しくScreenRantが報じたニュースによると、DCEUが今後数年で製作&リリース予定の期待作には彼は出演しないという。なぜなら「カメオ」として交渉はしていないからだという。そのため、ドウェイン・ジョンソンが主演を務める『Black Adam(原題)』のほか、ロバート・パティンソン主演の『The Batman(原題)』、『The Flash(原題)』には登場する可能性はほぼゼロとのこと。

カメオ出演する可能性が低いというニュースはファンたちをがっかりさせたが、この先、交渉がうまく進み、スーパーマンとしてのヘンリー・カヴィルが見られる日が早く来ることを期待したい。

ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマン、DCEUにカムバック? 現在交渉中との報道

2020年5月28日
ミリー・ボビー・ブラウン(左)、ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル&ミリー・ボビー・ブラウンが共演の『エノーラ・ホームズの事件簿』がネットフリックスで配信決定! シャーロック・ホームズの妹エノーラが大活躍

2020年4月22日
ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィルにウルヴァリンを演じてほしい!そんな願いを込めたファンアートのクオリティが高いと話題に[写真あり]

2020年3月3日

「スーパーマン」ヘンリー・カヴィル、筋肉のために「水を三日間断った」! その結果見せた肉体美は必見[写真あり]

2019年12月26日
tvgrooveをフォロー!