映画「アンフレンデッド:ダークウェブ」予告編公開! ソーシャル・メディア恐怖症続出のあの“闇”に再びログイン

『アンフレンデッド:ダークウェブ』

3月1日(金)より公開となる、『ゲット・アウト』のジェイソン・ブラムと『search/サーチ』のティムール・ベクマンベトフが仕掛ける新感覚スリラー続編『アンフレンデッド:ダークウェブ』の予告編、ポスター、HPが解禁された。

今度は、禁断の“闇サイト”が、観るものを恐怖のどん底へ突き落す―。全米で公開されるやPC画面のみで物語が展開するというこれまでに無かった斬新な設定とその恐ろしさが話題を呼び、BOX OFFICEに4週連続TOP10入りを果たし、日本でもTwitterを始めとするソーシャル・メディア上で“怖すぎる”、“もうSkypeは出来ない”などのつぶやきが溢れ話題を呼んだ前作。

待望の続編である本作でも、全編PC画面上で展開していくその手法はそのままに、インターネット社会の裏に蠢く恐怖とその先に拡がる暗黒世界は更にスケールアップ。

物語の中で駆使されるソーシャル・メディアがリアルタイムに進化を遂げ、決して踏み込んではいけない危険領域“ダークウェブ”に潜む想像を絶する恐怖のどん底に突き落とす。

プロデューサーは前作に引き続きホラー映画界の重鎮ジェイソン・ブラムと、日本でも大ヒットを記録した『search/サーチ』のティムール・ベクマンベトフが務め、これがデビューとなる、『THE JUON/呪怨』『呪怨 パンデミック』の脚本を務めたスティーブン・サスコを監督に起用。主演は『アンセイン ~狂気の真実~』のコリン・ウッデル、『ゲット・アウト』で不気味な家政婦役が印象的だったベティ・ガブリエルが脇を固める。

【動画】映画『アンフレンデッド:ダークウェブ』予告編

解禁された【予告編】では、インターネットの闇“ダークウェブ”の世界に引きづり込まれる若者たちが衝撃の映像と共に描かれる。

中古で手に入れたパソコンでマタイアスは友人たちといつものようにSkypeで談笑しなから、パソコンの中に入っていた隠しフォルダを見つけ開いてみると、廃墟のような場所に手錠され繋がれた若い女性の姿や、ドラム缶に入れられた女性などの動画が次々と出てくる。

不気味な映像にみな戸惑う中、元のパソコンの持ち主と思われる誰かがSkypeグループに「俺のPCを盗んだな 俺はお前らを監視している」と入り込んでくる。そこからSkypeのメンバーたちが怒涛の展開で襲われていく。

ある者はビルの屋上から突き落とされ、ある者は入院中の母の生命維持装置を乗っ取られ、またある者はSkype中にみなの前で襲われたり・・・、前作から更なるパワーアップを遂げた予測不可能の恐怖が待ち受ける。

解禁された【ビジュアル】も、“決して踏み入れてはならない危険領域”のキャッチコピーとともに、顔を後ろからビニールで覆われ叫んでいるビジュアルが、否応なく恐怖感を搔き立て、予測できない戦慄のストーリーを期待せずにはいられない。

インターネット社会の闇の世界に引きずり込まれた若者たちに次々と降りかかる恐怖は、決して他人事ではなく我々のすぐそばに潜んでいることを痛感することになる。

STORY

中古のパソコンを手に入れたマタイアス。早速起動し、様々なソーシャル・メディアを開くと、以前の所有者と思われる“Norah”というアカウント名が表示されていた。すべてを自らのIDに書き換えログイン、いつものように恋人アマヤや友人たちとSkypeで談笑しているなか、“UNTITLED”と書かれた隠しフォルダを見つける。そこには、鎖に繋がれ監禁された女性や、ドラム缶の中に捕われた者など悍ましい動画ファイルの数々が。これは一体…。とその時、見知らぬアカウントからメッセージが届く。「俺のPCを返せ。さもないとアマヤは死ぬ」。それは、逃げ場のない恐怖の幕開けであった。

公開情報

『アンフレンデッド:ダークウェブ』
3月1日(金)新宿シネマカリテ、なんばパークスシネマほか全国順次ロードショー
©2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

ホラー好きなら知っておきたい、2019年全米公開予定のホラー映画5選!-「ゲット・アウト」監督最新作から、あの人気作品の続編まで

2019年2月1日

ジョニー・デップ、「透明人間」リブートの主演が取り消しに! その理由とは・・・?

2019年1月29日