MCU映画史上初となるアジア系ヒーローを描く映画『Shang-Chi』、7月末までに制作を再開

シム・リウ
シム・リウ

マーベル・スタジオが、映画『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings(原題)』の製作を7月末までに再開することが明らかになった。

2019年のフェーズ4の一環として発表された同作。主人公を演じる中国出身でカナダ籍の俳優シム・リウが主演に大抜擢されたのだが、彼は、キャスティングされてから1年も経たないうちに、2020年初頭にオーストラリアで『シャン・チー』の撮影をスタートさせていた。しかし、新型コロナウイルスの影響で3月に中止され、いつ撮影が再開できるかは明らかになっていなかった。またデスティン・クレット監督は自己隔離し新型コロナウイルスの検査を受けたと報じられていた。

そんな中、Deadlineが報じた新たなレポートによると、7月末には再び『Shang-Chi』の撮影にカメラが回ることになるという。マーベルスタジオは現在、撮影を再開するための準備をしており、そうするために "慎重な措置 "を取っている。正確な再開日は決まっていないが、オーストラリアに戻らなければならないキャストやクルーは全員、その国の渡航条件を満たす検疫を受けるのだそうだ。

4月の報道では、本作は当初2021年2月12日に予定されていたが、新たな米公開日は2021年5月7日とあった。これに対し、主演を務めるシム・リウがリアクションした。シムはツイッターで「『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings(原題)』のリリース日が変更になった。夏の大ヒットになるぞー!」と興奮気味で心境を投稿していた。

このまま、順調に撮影となれば、公開日は予定どうりになるのかもしれない。今後の報道に注目が集まる。

アニメ版『ヘラクレス』とルッソ兄弟

ディズニーの実写版『ヘラクレス』、監督は『アベンジャーズ』のルッソ兄弟に! 制作が進行中か

2020年5月1日
『シャン・チー』撮影現場のキャストたち

マーベル初のアジア人ヒーロー『シャン・チー』のキャスト写真が初公開! 悪役トニー・レオンも登場でファン興奮[写真あり]

2020年4月22日
シム・リウ

マーベル初のアジア人ヒーロー、シム・リウが『Shang-Chi』公開延期について心境を明かす!落ち込んでると思いきやテンションが高く・・・

2020年4月7日
『ブラック・ウィドウ』

ディズニー、『ブラック・ウィドウ』の公開日を11月に決定! その他『ムーラン』などの米公開日を発表[一覧あり]

2020年4月4日
ディズニーリゾート「MAGIC HAPPENS PARADE」

閉鎖された米ディズニーテーマパーク、YouTubeで感動のパレードの様子をシェア[動画あり]

2020年3月31日
tvgrooveをフォロー!