「ハイスクール・ミュージカル」のあのキャラクターはゲイだったと監督が告白! 劇中でカミングアウトしなかった理由とは…?

ライアン・エヴァンスを演じた、ルーカス・グラビールNEWS
ライアン・エヴァンスを演じた、ルーカス・グラビール

ディズニー・チャンネルの大人気作品「ハイスクール・ミュージカル」のあのキャラクターはゲイであったことを監督のケニー・オルテガが明かした。

「ハイスクール・ミュージカル」は、ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービーとして、2006年に放送され大ヒットし、映画化された青春映画。同作品に出演したヴァネッサ・ハジェンズザック・エフロンらは一躍スターとなった。

そんな「ハイスクール・ミュージカル」だが、俳優のルーカス・グラビールが演じた、シャーペイの双子の弟で、ダンスが得意なライアン・エヴァンスは、実はゲイのキャラクターであったことが明らかになった。

先日、同作の監督を務めたケニー・オルテガが、米Varietyのインタビューの中で「あなたのすべての作品を通じ、クィアの美しさの描写があると思いますか?」と聞かれると、オルテガは「もちろんです」と答え「『ハイスクール・ミュージカル』の登場キャラクターで、シャーペイの双子の弟であるライアンは、彼は大学でカミングアウトしようとしていたと設定では決めたんだ。でも作品ではカミングアウトよりももっと彼のありのままの姿を前面に出していくことにしたんだ」と、作品の中では描かれなかったがライアンがゲイであることを明かした。

また、当時ライアンがオープンにゲイであることを作品で出すことは可能であったかについて聞くと、オルテガは「正直言って、あの時そうできたとは思わなかった。ディズニーはこれまで一緒に仕事をしてきた中でも最も進歩的な人々のグループではあったけど。作品は家族や子供向けであったことを懸念していました。ディズニーはまだその領域を超える準備ができていないのではないかと心配していたので。だから私は見ている人がきっととらえてくれると感じ、その選択の責任を担うことにしたんだ。彼らがそれを見て、感じ、知り、それを見分けてくれるとね。そしてそうなったのさ」と明かした。

確かに同作を見たことがある人なら、ライアンの性格やファッションなど様々な点からゲイだと感じていた人も多いかもしれない。

tvgrooveをフォロー!