マイケル・ジャクソンの娘パリスが「ジーザス役」を演じる映画に批判殺到! 「反キリスト教のゴミ」と言われ、上映中止への署名活動も

パリス・ジャクソン
パリス・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの娘でモデル/ミュージシャン/女優のパリス・ジャクソン(22)が、キリスト教の神の子であるジーザス役を演じる映画『Habit(原題)』に批判が殺到。上映を禁止させるための署名活動も行われている。

ET誌によると同作は「ジーザスフェチの、ずる賢いパーティーガールが危険なドラッグの事件に巻き込まれる。この騒動から逃れる方法として、彼女は“尼僧”になりきって生活をすることを思いつく」といったストーリーだという。この作品でパリス・ジャクソンはジーザス役を演じ、尼僧になりきる女性をディズニー・チャンネル出身の女優ベラ・ソーンが演じている。

作品の撮影は新型コロナウィルスの感染が拡大する前にすでに終わっており、4月からはポストプロダクションに入っていた。プロデューサーのドノヴァン・リーチは「パリスが演じるジーザスは、ベラが演じるキャラクターに数回会いに来る」という。

この作品に対し人々から「神への冒涜」「反キリスト教的なゴミ」などと厳しい批判が殺到。署名サイト「change.org」では26万人もの人が署名をし、この映画の上映をやめようといった運動を行っている。

ベラ・ソーンはこの批判に対し、尼僧の衣装を着ているシーンの写真に「だってジーザスは女性だから・・・」とキャプションを書き、インスタグラムのストーリーに投稿している。

またこの件を知った歌手のシーアは肯定的な意見をコメント。ツイッターにて「パリス・ジャクソンへ。愛してるよ、進み続けて。あなたはいい人だって信じてる」と、パリスをタグ付けし投稿した。

この物議をかもした作品はいったいどうなってしまうのか?現在のところ公開予定の日程は出ていない。

パリス・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの娘パリス、自身のセクシュアリティを「ゲイ」だと公表! 父マイケル・ジャクソンは「気付いてたと思う」

2020年7月1日
マドンナ

マドンナ、ドナルド・トランプ大統領を「サイコパス」と痛烈批判! 「目を覚ますときが来た」ジョー・バイデン氏を支持表明[動画あり]

2020年6月25日
ジョナサン・ヴァン・ネス(左)、J.K.ローリング

「クィア・アイ」ジョナサン・ヴァン・ネス、J.K.ローリングの発言は「白人至上主義から来ている」! 「生物学的な性別はふたつじゃない」と痛烈に批判

2020年6月25日
パリス・ジャクソン

パリス・ジャクソン、亡くなったジョージ・フロイドさんの事件動画をリポストすることに注意喚起を促す「悪用することは無礼」

2020年5月30日
パリス・ジャクソン

パリス・ジャクソン、「自殺未遂で病院に搬送」という誤報に大激怒! 「フ〇ック・ユー、ウソつきども」

2019年3月18日
tvgrooveをフォロー!