米議員候補、「ビヨンセは偽アフリカ系アメリカ人で本当はイタリア人だ」と衝撃発言! 「売名のために偽っている」「悪魔崇拝者」などとツイートし波紋[写真あり]

ビヨンセ
ビヨンセ

米上院議員候補のK・W・ミラー氏が、歌手のビヨンセは「アフリカ系アメリカ人だと偽っている」などと批判し、物議をかもしている。

K・W・ミラー氏はフロリダ州の第18議会地区にて出馬している候補者。彼は7月4日、ツイッターにて「ビヨンセは全くアフリカ系アメリカ人なんかではない。彼女は売名のために偽っている。彼女の本名はアン・マリー・ラストラッシ。イタリア人だ。彼女は全てを“ソロス・ディープ・ステイト”によるBlack Lives Matter運動のためにやっている。ビヨンセ、君はもうバレてるよ!」と、ビヨンセがアフリカ系でなくイタリア人だと書いたのだ。

このツイートに出た「ソロス・ディープ・ステイト」とは、ハンガリー系ユダヤ人の投資家、慈善家のジョージ・ソロス氏が、現在アメリカを中心に活発化している人種差別撤廃運動「Black Lives Matter」を意図的に仕掛けたという、いわゆる陰謀説。所説あるが、ネット上ではソロス氏がデモをする人たちに報酬を払い暴徒化させるよう指示し、アメリカがこれに気を取られている間にグローバリスト(世界支配主義者)にアメリカを乗っ取らせようとしている、といった憶測が出回っている。K・W・ミラー氏は、ビヨンセがこの陰謀の手助けをしていると書いたのだ。

さらにミラー氏は「みんな、ビヨンセの曲『Formation』グローバリストたちへの秘密のメッセージが込められているっていうのは知ってるだろ?あの曲で彼女は自分が魔力を持ち、アラバマとルイジアナの悪魔崇拝の教会に行っているってことを認めた。彼女はカバンの中に悪魔崇拝のシンボルを持ち歩いてるんだ」と、ビヨンセが悪魔崇拝者であると綴った。投稿の中のひとつに、ハッシュタグで「#偉大なる目覚め」といった言葉もある。

これを見たネットユーザーの多くは彼の話を“ネタ”としてとらえているようで、「お薬の時間ですよ」や「めっちゃ笑った」、また「なんでわざわざグローバリストに曲を通して秘密のメッセージを込める必要がある?彼女ならコネで直接言えるでしょ」などと冷静につっこむ人もいる。

これについてビヨンセからコメントなどは出ていない。

ビヨンセ

ビヨンセ、自身が主演&監督の映画『Black is King』予告編をサプライズ公開! 夫ジェイ・Zや子供たちも総出演、Disney+で来月公開[動画あり]

2020年6月29日
ビヨンセ

ビヨンセ、奴隷解放記念日に新曲「BLACK PARADE」をサプライズリリース! 自身のルーツを誇りに思うパワフルな楽曲に[音源あり]

2020年6月20日
ビヨンセ&ジェイ・Z夫妻

ビヨンセ&ジェイ・Zが訴えられる! 問題となった楽曲とその理由とは

2020年6月19日
ビヨンセ

ビヨンセ、ディズニーとなんと100億円の契約!? その内容とは

2020年6月12日
BTSのRMとビヨンセ

BTS(防弾少年団)、ビヨンセらが感動のメッセージ! オンライン卒業式で彼らが学生に伝えたこととは?[動画あり]

2020年6月8日
tvgrooveをフォロー!