ホラー界の巨匠スティーブン・キング、『カメラを止めるな!』を絶賛! 「これを見ていないならゾンビ映画を全部見たと言えない」、上田慎一郎監督も感動のツイート

スティーブン・キングが『カメラを止めるな!』を称賛
スティーブン・キングが『カメラを止めるな!』を称賛

映画『シャイニング』『IT-イット』など数々の名作を生み出しているホラー小説家のスティーブン・キングが、日本の映画『カメラを止めるな!』(2017年)を称賛するツイートを投稿し話題となっている。

スティーブン・キングは7月8日、「ポール・トレンブレーが『カメラを止めるな!』を教えてくれた。もしあなたが“ゾンビが暴れる系”の映画を全て見たと思っているなら、それは間違い。オリジナリティがありとても楽しかった。ありがとう、ポール!」と書き、同作を新しいゾンビ映画だと称賛した。ホラーやSF作家のポール・トレンブレーがスティーブン・キングにすすめたよう。

これに対し同作の監督である上田慎一郎氏も大感激した様子でツイート。「キャリー、シャイニング、ミザリー、スタンド・バイ・ミー、ショーシャンクの空に…貴方の産み出した作品が僕の血肉になっています。貴方の本『書くことについて』はボロボロになるほど読みこんでいます……ありがとう!!」と喜びを語った。

これを見た日本のファンは「すごいことになってますね!」や「世界の上田誕生」などと大盛り上がりの様子だ。

『カメラを止めるな!』は、2017年製作、公開の日本映画。監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの「シネマプロジェクト」第7弾作品。監督・上田慎一郎にとっては初の劇場長編作品であった。

略称は「カメ止め」で、海外タイトルは『One Cut of the Dead』。2018年公開時のキャッチフレーズは「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」「無名の新人監督と俳優達が創ったウルトラ娯楽作」。

予算300万円のインディーズ映画ながら、SNSの口コミ効果で全国公開へと拡大し、国内及び海外の映画賞を数々受賞した。2018年の邦画興行収入ランキング7位(31.2億円)というヒット作品となった。

J.K.ローリング(左)、スティーヴン・キング

J.K.ローリング、『IT』作家スティーブン・キングとトランスジェンダー問題で対立? ローリングが彼を称賛するも直後に削除

2020年6月30日
ユアン・マクレガー

ユアン・マクレガー、『ドクター・スリープ』の脚本を大絶賛!「『シャイニング』は “中毒”のストーリーで『ドクター・スリープ』は”回復”のストーリー」

2019年11月8日
アンディ・ムスキエティ監督(左)、バーバラ・ムスキエティ プロデューサー

世界64ヵ国初登場No.1!『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』アンディ・ムスキエティ監督とバルバラ・ムスキエティプロデューサーにインタビュー!“イット”の怖さを作り上げるためにこだわったこととは?

2019年10月29日

大ヒット邦画「カメラを止めるな!」がハリウッドでリメイクへ! オリジナルと同じく低予算、いったいどんな作品に?

2019年3月24日

ホラー好きなら知っておきたい、2019年全米公開予定のホラー映画5選!-「ゲット・アウト」監督最新作から、あの人気作品の続編まで

2019年2月1日
tvgrooveをフォロー!