『ハリー・ポッター』俳優ジェイソン・アイザックス、「何十年もドラッグを使用していた」と告白! 「僕より歪んだ過去を持つ人なんていないと思っていた」

『ハリー・ポッター』撮影当時のジェイソン・アイザックス
『ハリー・ポッター』撮影当時のジェイソン・アイザックス

大人気ファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズにて、ドラコ・マルフォイの父であるルシウス・マルフォイを好演した英俳優のジェイソン・アイザックス(57)が、人生において何十年もドラッグを使用していたと告白し、注目を集めている。

ジェイソン・アイザックスは、The Big Issueのインタビューに登場。そこで、長年ドラッグをやってきたと語った。

ジェイソンは「僕はいつも中毒になりやすい性格だった。16歳ですでにお酒には飽きていて、ドラッグと長年の交際を始めようとしていた。自分が取る全ての行動の原動力は、可能な限り意識がない状態になりたいという気持ちだった」と、ドラッグにそうとう依存していたことを告白。

「自分より歪んでいて、ダークで壊れた過去から来た人なんていないと信じていた」と明かしたジェイソン。ドラッグの沼から完全に抜け出せなくなっていた彼は「クリーン(ドラッグをやめている状態)になるちょっと前に突然、“どんな知り合いがもし死んでも気にならない”って思った瞬間があった。もし知り合いが死んだら、部屋で一人でドラッグをやる言い訳になるから」と、心までもがドラッグで蝕まれていたことを告白した。

ルシウス・マルフォイ役などで大活躍

現在のトム・フェルトンとジェイソン・アイザックス

View this post on Instagram

The prodigal; bright-eyed, beardy and brilliant. And yes, he told me all about it. #MoochingMalfoys #LikesFatherLikesSon #HarryPotter

A post shared by Jason Isaacs (@therealjasonisaacs) on

現在は、クリーンな状態を保っているジェイソン。「そんなこと(友人が死んだらドラッグをやる言い訳になると思ったこと)は真実じゃないし、僕はそんな人じゃない。僕は愛せるし、感じるし、繋がるし、気に掛ける人だ」と、ドラッグによって我を見失っていたと語り、「ドラッグはそういった感情に向き合うためのものではない。そういった感情を引き起こす原因なんだ」と語った。

セバスチャン・アティエ

南米で人気のディズニー・チャンネル・スター セバスチャン・アティエが24歳という若さで死去

2020年7月7日
ハンナ・モンタナ

ディズニー・チャンネルの人気ドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」、ファンがある“大きな矛盾”を指摘! 正体がバレるセリフがたくさんあった…?[動画あり]

2020年6月27日
レイブン・シモーネとミランダ・マデイ

元ディズニー・チャンネルスターのレイブン・シモーネ、同性パートナーと結婚!

2020年6月19日
「ゾンビーズ2」©Disney

青春ミュージカル映画「ゾンビーズ」の続編「ゾンビーズ2」がディズニー・チャンネルにて、7/23日(木)19:15より日本初放送!日本語勉強中の主演のメグ・ドネリーからコメントも到着

2020年6月15日
ディズニー・チャンネル時代のデミ・ロヴァート、セレーナ・ゴメス、マイリー・サイラス

デミ・ロヴァート、ディズニー・チャンネル時代はセレーナ・ゴメスやマイリー・サイラスらと「ディズニー高校で過ごした」! ティーンスターの経験を率直に告白

2020年5月28日
tvgrooveをフォロー!