カニエ・ウェスト、なんと宿敵テイラー・スウィフトを全面サポート!? 「スクーター・ブラウンから版権を取り戻す」とツイート

テイラー・スウィフトと、カニエ・ウェスト
テイラー・スウィフトと、カニエ・ウェスト

人気ラッパーのカニエ・ウェストが、テイラー・スウィフトの版権問題をサポートする意思を表明した。

テイラー・スウィフトといえば、去年6月に、デビューから2018年まで所属していたレコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」が、人気歌手ジャスティン・ビーバーなどを手掛ける敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンに約300億円で買収された。これを知ったテイラーは、ジャスティンやカニエ・ウェストを通し自分のことを長年いじめてスクーターに、自身の過去の楽曲の権利を奪われてしまうことにショックを受け、また「ビッグ・マシーン・レコード」に楽曲の権利を持たせてもらうことができなかったことをSNS上で書きつづり、世間は驚かされた。

スクーターや同レコード会社のCEOのスコット・ボーチェッタは、テイラーの誤解があると反論したが、テイラーは過去の証拠のメールなどを提出。いまだに版権問題は解決せず、揉めている最中で、テイラーは過去の作品はレコーディングし直すと明かしている。

そんなテイラーの版権問題のために立ち上がったのが、まさかのカニエ・ウェストだ。

テイラーとカニエといえば、長年因縁の仲で知られているが、最近カニエはツイッターで、アーティストが自身の版権を持つことの重要性を主張。「ストリーミングのこの世界では、版権のオーナーシップが全てなんだ。それが収入の大半となっている。このコロナ禍ではアーティストは自身の版権が必要だ。今まで以上にこのことが重要となっている」など、版権所有の重要性についていくつもツイートし話題となった。

そんなカニエは、9月19日、ツイッターで「オレは個人的にテイラー・スウィフトが彼女の版権を取り戻せるよう取り計らってみる。スクーター・ブラウンは家族の近しい友人だから」とツイートしたのだ。

カニエのこの発言に、一部テイラーファンは「ほっといてくれ」とコメントしているが、中には、カニエが本当にそれを実現してくれるよう願う声もあがっている。

果たしてカニエはテイラーの救世主となり、再び和解できるのだろうか…。

カニエ・ウェスト

カニエ・ウェスト、グラミー賞のトロフィーにおしっこをかける! 「宿敵」テイラー・スウィフトにまで呼びかけ、彼の訴えとは[動画あり]

2020年9月17日
カニエ・ウェスト

カニエ・ウェストがまたまた怒りのツイートを連投! 今度はアーティストの版権所有の重要性を主張

2020年9月16日
テイラー・スウィフト(左)、カニエ・ウェスト

カニエ・ウェスト、11年前にテイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入した本当の理由を明かす! 「○○の意向だった」

2020年9月2日
キルスティン・ダンスト(左)、カニエ・ウェスト

キルスティン・ダンスト、カニエ・ウェストのツイートに大混乱! 「なんで私が巻き込まれてるの?」カニエの投稿とは[写真あり]

2020年8月20日
ジャスティン・ビーバーと、カニエ・ウェスト

ついに再会したカニエ・ウェスト&妻キム・カーダシアン、再会の手助けをしたのは実はジャスティン・ビーバーだった…!?

2020年7月31日
tvgrooveをフォロー!