カニエ・ウェスト、グラミー賞のトロフィーにおしっこをかける! 「宿敵」テイラー・スウィフトにまで呼びかけ、彼の訴えとは[動画あり]

カニエ・ウェスト
カニエ・ウェスト

ラッパーのカニエ・ウェストが、過去に受賞したグラミー賞のトロフィーにおしっこをかけるという驚きの動画を投稿した。

カニエ・ウェストは9月16日、ツイッターを頻繁に更新。そこで「ストリーミングのこの世界では、版権のオーナーシップが全てなんだ。それが収入の大半となっている。このコロナ禍ではアーティストは自身の版権が必要だ。今まで以上にこのことが重要となっている」と、アーティストとレーベルの版権問題について言及し、さらに、日本のコメディ番組でタレントたちがローションで階段から転げ落ちてしまう動画を添付し「これがアーティストたちが自分たちの版権を手に入れようとするときの様子さ。階段はローションまみれなんだ」とツイートした。

この後もカニエは、数えきれない数のツイートを発信。その中にはレコード会社との契約書類の画像も多くあり、契約内容がいかにアーティストにとって不利であるかを訴えた。この契約内容を公開した後には「ユニバーサルが電話してくるかな・・・俺にはもっとアイデアがある。俺はやり続けるよ」、「すべてのミュージシャンが自由になる」などと投稿。

さらに他のアーティストにもリツイートを呼びかけ。ロックバンド「U2」のボノやポール(おそらく元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー)に“リツイートしてくれ”と頼み、ドレイク、ケンドリック(・ラマー)、さらには「宿敵」と呼ばれ長年確執のあるテイラー・スウィフトの名前を出し、「今君たちが必要だ」と書いた。

その後、カニエはなんとグラミー賞のトロフィーを便器の中に入れ、そこにおしっこをかけている動画を投稿。「信じろ・・・俺は言い続ける」とキャプションをつけた。彼はこれまでに21個ものトロフィーを獲得している。カニエは過去のインタビューで「授賞式は出来レースだから行きたくない」と発言していた。

カニエは最新のツイートで「この惑星の90%のレコード契約はロイヤルティ(印税)に基づいている。普通のレコード契約は“二度と”(アーティストが版権を)取り戻せないようになっているし、『分配料』みたいな隠された費用をレーベルが契約書に入れて、何も努力せずに金儲けをしている」訴えている。

カニエ・ウェストといえば、今年アメリカの大統領選挙に出馬することを発表し、選挙集会では号泣しながら、第一子のノースを中絶させることを考えた過去のエピソードなどを語り、持病の双極性障害が出てしまっているのではないかとささやかれた。またその後、カニエはキムとの離婚を考えているなど支離滅裂のツイートをし、削除し謝罪していた。

しかし今回の版権については、過去にもテイラー・スウィフトがジャスティン・ビーバーのマネージャーで知られるスクーター・ブラウンと版権で揉めに揉めるなど、多くのアーティストに共通する問題なため、カニエの主張は支離滅裂ではない。今後、彼のそっちょくな訴えが音楽業界に影響するのだろうか。

カニエ・ウェスト

カニエ・ウェストがまたまた怒りのツイートを連投! 今度はアーティストの版権所有の重要性を主張

2020年9月16日
テイラー・スウィフト(左)、カニエ・ウェスト

カニエ・ウェスト、11年前にテイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入した本当の理由を明かす! 「○○の意向だった」

2020年9月2日
キルスティン・ダンスト(左)、カニエ・ウェスト

キルスティン・ダンスト、カニエ・ウェストのツイートに大混乱! 「なんで私が巻き込まれてるの?」カニエの投稿とは[写真あり]

2020年8月20日
ジャスティン・ビーバーと、カニエ・ウェスト

ついに再会したカニエ・ウェスト&妻キム・カーダシアン、再会の手助けをしたのは実はジャスティン・ビーバーだった…!?

2020年7月31日
キム・カーダシアンとカニエ・ウェスト

大統領選出馬のカニエ・ウェスト、精神状態に異変か 妻キム・カーダシアンに「閉じ込められそう」など連続ツイート、 心配の声が集まる[写真あり]

2020年7月21日
tvgrooveをフォロー!