「ハリー・ポッター」、初版本がなんと800万円で落札される これにはオークションスタッフもビックリし「驚異的」

「ハリー・ポッター」
「ハリー・ポッター」

世界中で熱狂的なファンを抱える大人気ファンタジーシリーズ「ハリー・ポッター」。その原作小説の初版本が、なんとオークションにて60,000ポンド(約822万円)で落札された。この本はイギリス国内に住むある父親が、自分の子供達に英語を教える際に使用していたものだった。

今回落札された「ハリー・ポッターと賢者の石」の初版本には、もともと30,000ポンド(約411万円)の価値があるとされていた。わずか500部しか出版されていないこの初版本。そのうち1冊をルクセンブルグ出身で既に定年退職したイギリス駐在員が手にしていたのだ。

今週火曜、イギリスのオークション会社ハンソンズが主催する「スタッフォードシェア・ライブラリー・オークション」に出品されたこの1冊は、手数料込みで75,000ポンド(約1028万円)で落札されることとなった。落札者は海外からの個人バイヤーで、電話を通じて入札したという。オークションスタッフのジム・スペンサー氏はこの落札価格について、「驚異的だ」と語っている。

出品者は名前などをあきらかしていないものの、彼の子供達に英語を教えるために購入したことを明かしており、1997年6月に発売されてから1年半後に手にしたそうだ。彼は本が落札されたことについて、「ものすごく嬉しい」と語っており、「『ハリー・ポッター』シリーズは児童文学の中でもトップレベルの象徴と言えるものだ。この初版本は、将来的にもっと価値を高めるだろうね」と付け加えた。

なお初版本の見分け方として、53ページに'1 wand' というフレーズが2回記載されているという誤植があることや、著作権の下の数字が「10 9 8 7 6 5 4 3 2 1」となっていることなどがあげられている。

これまでに4冊の初版「ハリー・ポッターと賢者の石」を扱ったジム・スペンサー氏も、今回の落札価格が最高額だと語っている。「こんな金額になるなんて、ただただ驚いているよ。50,000ポンド(約685万円)はいくだろうなと思っていたけど、まさか60,000ポンド(約822万円)を超えるとは」と驚きを隠せない様子だった。

ドラコ・マルフォイ

『ハリー・ポッター』ドラコ・マルフォイの出演時間はわずか31分だった! ファンの間で衝撃広がる

2020年10月10日
リアム・ペインと、トム・フェルトン

ワン・ダイレクションのリアム・ペイン、『ハリー・ポッター』が好きすぎて、映画に関するアレを作ってしまった! これにはドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトンも驚き[写真・動画あり]

2020年10月7日
『ハリー・ポッター』に登場するホグワーツ・エクスプレス

『ハリー・ポッター』の生の「ホグワーツ・エクスプレス」を一目見ようと集まったファンたちに、思わぬ邪魔が入る事態に! 動画撮影者も思わず爆笑[動画あり]

2020年10月5日
エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン、反トランスジェンダー発言で炎上した「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングへの世間のひどい嫌がらせについてコメント! 「ローリングへのバッシングもひどすぎる」

2020年9月30日
ジェイソン・アイザックスと、トム・フェルトン

『ハリー・ポッター』マルフォイ親子の絆は今も健在! ジェイソン・アイザックスがトム・フェルトンの誕生日を祝福 「お父さん大好きだよ」のコメントにファン感涙[写真あり]

2020年9月27日
tvgrooveをフォロー!