ファンショック!大人気の『ワイルド・スピード』シリーズ、11作目で幕を閉じることが明らかに

『ワイルド・スピード SKY MISSION』
『ワイルド・スピード SKY MISSION』

大人気カー・アクションシリーズ『ワイルド・スピード』。同シリーズが11作目で終了することがわかった。Varietyなどが報じている。

日本では“ワイスピ”という愛称で知られ、これまでも度肝を抜く奇抜な発想でファンを魅了してきた同シリーズ。シリーズ累計興収5000億円を突破し、他に類を見ない最強のアクションシリーズへと成長を遂げてきている。

現在、同シリーズは9作目『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』の公開を控えている。監督は『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)以来のシリーズ復帰となるジャスティン・リン。主人公ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルをはじめ、オリジナルファミリーの面々がカムバックを果たし、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)でファミリーの前に立ちはだかったサイファー役のシャーリーズ・セロンらも再登場、そしてファミリーの絆を揺るがす新たな敵も参戦する。

今回、Varietyが報じた新たなスクープでは、11作目で同シリーズは終了し、ジャスティン・リンが最後の2作の監督を務めるという。しかし、これは必ずしも『ワイルド・スピード』の世界が終わりを迎えるということではない。同シリーズのキャラクターに基づいたスピンオフ映画は現在、ユニバーサルで開発中とのことだ。

スピンオフ映画の第一弾は、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』だ。同作は2019年に公開され、全世界で7億5,900万ドル以上の興行収入を記録。北米だけでなく世界中でヒットした。さらにはドウェイン・ジョンソンは『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の続編が現在開発中だとインスタグラムで明かしているため、ファンは期待を高めるばかりだ。

オリジナルシリーズが終了するのは悲しいが、スピンオフ作品を通して、これからもワイスピワールドに触れることができるというのは、ファンとしては一安心だ。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』2度目の延期を発表!米公開日が2021年5月へ

2020年10月5日
ドウェイン・ジョンソン

『ワイルド・スピード』ドウェイン・ジョンソン、11月の米大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領を支持!7分にも及ぶメッセージを投稿[動画あり]

2020年9月28日
ドウェイン・ジョンソン

『ワイルド・スピード』ドウェイン・ジョンソン、なんと自宅の門を破壊! 「仕事に間に合わないから」と真面目ぷりを見せる[写真あり]

2020年9月23日
ポール・ウォーカーと、メドウ・ウォーカー

『ワイルド・スピード』ポール・ウォーカーの娘メドウ・ウォーカー、父の誕生日を記念したチャレンジを発表

2020年9月14日
ミシェル・ロドリゲス

ミシェル・ロドリゲス、『ワイルド・スピード』に「女性の〇〇を参加させて」とお願い! 彼女が交渉したこととは?

2020年9月11日
tvgrooveをフォロー!