ジャスティン・ビーバー、人種差別について「話題を変えるのは単純に悪いこと」と言及! 彼が本気でファンに訴えることとは・・・?[写真あり]

ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバー

以前より人種差別撤廃を求めるコメントを発信してきた歌手のジャスティン・ビーバー(26)が、改めてこの問題について言及した。

ジャスティン・ビーバーは10月21日にインスタグラムを更新。そこにはメモ帳のキャプションのようなものが投稿されている。内容は「“黒人の命は重要(Black Lives Matter)”と口にすることは、他の命が重要じゃないと言っているわけではない。僕たちの文化に人種差別がすりこまれているというのは否定できないでしょう。自分が“こっちのほうが、またはこっちも同じく価値がある”って信じているものへと話題を変えるのは単純に悪だよ。なんで黒人の命を、シンプルに重要と思えないのか。話題を変えるな」と書いている。

View this post on Instagram

Don’t change the subject..

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on

「黒人の命は重要(Black Lives Matter)」運動は今年5月、黒人のジョージ・フロイドさんが白人警察により不当に殺害された事件をきっかけに再び過熱したもの。しかし「黒人以外の命はどうでもいいのか」「白人の命だって重要だ」などと、この運動の本来の意図からずれて反論や批判をする人々もいる。今回ジャスティンが伝えたかったのは、「差別され続けている黒人の命を尊重する」という議題から話をそらすなといったものだ。

またジャスティンは別の投稿で、「黒人の命は重要」という看板を掲げ、活動をしている人々の写真を投稿。そこで「僕にとって大切なものは何かをみんなに知ってほしい。僕の心を重くするものが何か。僕は忘れていないって知ってほしい。僕のプラットフォームを通して、人種差別は悪であること、そしてそれは文化に染み込んでいるということをみんなに思い出してほしい」「この話題についてはずっと話すことをやめない」と、今後も人種差別問題と深く向き合っていくと書いている。

左からジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ビーバー、セレーナ・ゴメス

ヘイリー・ビーバーが入れた「J」のタトゥーはセレーナ・ゴメスの指輪に激似! 気付いたファンが大騒ぎに[写真あり]

2020年10月20日
ジャスティン・ビーバー(左)、ドウェイン・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソン、赤ちゃんを抱っこするジャスティン・ビーバーにひとこと! 「君には○○を期待してるよ」[写真あり]

2020年8月24日
ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ビーバー

ヘイリー・ビーバー、夫ジャスティン・ビーバーとの将来の子供に「人種差別についての教育をしていきたい」! 「人への接し方を教えるよ」

2020年8月3日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、自身のスタイルは黒人文化に影響されたと明かす! 「音楽もファッションも全て黒人文化に刺激を受けた」

2020年6月7日
亡くなったジョージ・フロイドさん

無抵抗の黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警察に殺される事件が発生 ジャスティン・ビーバー、アリアナ・グランデら多くのセレブたちもショックと怒りのコメントを発表[写真・動画あり]

2020年5月28日
tvgrooveをフォロー!