「リバーデイル」K・J・アパ主演!新型ウイルスの脅威を描いた『Songbird』予告編が公開!コロナ禍で、別々の部屋での撮影を決行[動画あり]

Songbird
『Songbird(原題)』(YouTubeより)

人気ドラマ「リバーデイル」K・J・アパと「ディセンダント」ソフィア・カーソンが出演する新映画『Songbird(原題)』の英語版予告編が公開された。

本作は、マイケル・ベイ共同製作によるSFスリラー。K・J・アパとソフィア・カーソンの他に、デミ・ムーア、ブラッドリー・ホイットフォード、クレイグ・ロビンソン、ジェナ・オルテガ、ポール・ウォルター・ハウザー、ピーター・ストマーレが出演。監督を務めるのはアダム・メイソンで、サイモン・ボイズと共同で脚本も執筆している。

本作は2年後の未来、ウイルスワクチンがまだ見つかっていない時代を舞台にしている。ScreenRantの報道によると、新型コロナウイルスの世界的なパンデミックの影響により、制作が中断されていたが、その後、何名ものスタッフがなんと同じ部屋にいることのないよう撮影に挑んだという。そのため、俳優たちが直接対話するシーンはないと指摘されていた。本作は、パンデミックの初期に多くの人が感じた「完全なる孤立」の感覚を見事に描いている。

Songbird | Official Trailer [HD] | Coming Soon

このスリラーは新型ウイルスの免疫を持つ運び屋のニコ(K・J・アパ)が主人公。自転車でロサンゼルスを縦断したり、前線で働いたりしながら過ごすうちに、ニコは4年目にして自宅に閉じこもっているサラ(ソフィア・カーソン)に恋をしていることに気づく。サラが感染していると思われた途端、ニコは必死に彼女を監禁から救おうとするストーリーだ。

新型コロナウイルス感染症は英語で「Covid-19」だが、本作に登場するのは「Covid-23」だ。私たちが今年に入ってから感じた“恐怖”を見事に映画化にしている。ディストピア的な近未来を描いた本作、アメリカでは「近日公開」となっている。

K・J・アパ

「リバーデイル」K・J・アパ、なんと映画撮影中に頭が割れる! 傷口を縫われているのになぜか笑顔・・・[写真あり]

2020年8月2日
ソフィア・カーソンとK・J・アパ

「リバーデイル」K・J・アパと「ディセンダント」ソフィア・カーソン、パンデミックを描いた映画『Songbird 』に出演決定

2020年7月14日
キャメロン・ボイスとソフィア・カーソン

『ディセンダント」』ソフィア・カーソン、1周忌を迎えるキャメロン・ボイスは「靴を履いた太陽みたいな人だった」! 彼女がファンに呼びかけることとは

2020年6月23日
K・J・アパ

「リバーデイル」K・J・アパ、「BlackLivesMatter」抗議デモで何も発言しないことについて心境を明かす! しかしファンからは非難殺到

2020年6月16日

ソフィア・カーソン、故キャメロン・ボイスなしでは「ディセンダント」の続編は考えられないと明かす

2019年12月6日
tvgrooveをフォロー!