『キングスマン』コリン・ファース、新作ゾンビコメディ映画の主演に決定! 中国の大人気コミック「Zombie Brother」が原作

コリン・ファース
コリン・ファース

『英国王のスピーチ』や『キングスマン』シリーズで知られる俳優のコリン・ファースが、新作ゾンビコメディ『New York Will Eat You Alive(原題)』の主演を務めることがわかった。 Deadlineなどが報じている。

原作は、中国の大人気コミック「Zombie Brother」。ゾンビの発生源を解明しながら、ゾンビの黙示録から生き延びようとするニューヨーカーのグループを描いている。アメリカではまだ知名度が低いものの、アジアでは非常に人気が高く、アニメシリーズは最初の2シーズンの視聴累計が37億回を超えた超人気作品だ。

コリンが主演となることが決定しているとのことだが、他のキャストは今のところ発表されていない。監督はネットフリックスのレベル・ウィルソン主演映画『ロマンティックじゃない?(原題:Isn't It Romantic?)』のトッド・シュトラウス=シュルソンが務めるという。

コリンは、前述したとおり、マーク・ミラーとデイブ・ギボンズのコミックを原作とした最初の2本の映画『キングスマン』で、すでに主演を務めており、コミック本の映画化にも精通している。歴史ドラマ『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞した実力派俳優でもあるため、『New York Will Eat You Alive(原題)』でどのような演技を見せてくれるのか期待が高まるばかり。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』最新予告編

世界最強の超過激スパイ組織“キングスマン”誕生秘話を描く『キングスマン:ファースト・エージェント』は、2021年公開予定。

【10月17日(木)朝7時解禁】『キングスマン:ファーストエージェント』場面写真

“キングスマン”誕生の秘話を描いた新作『キングスマン:ファーストエージェント』、公開日が2020年9月へ延期に

2019年12月17日

ヒュー・グラント、名作「ラブ・アクチュアリー」の有名なシーンが「地獄だった」と告白! リハーサルも拒んだそのシーンとは

2019年12月14日
1917 命をかけた伝令

サム・メンデス監督作品『1917 命をかけた伝令』、第77回ゴールデングローブ賞にて「監督賞」「作品賞(ドラマ部門)」「作曲賞」の主要3部門に堂々のノミネーション

2019年12月10日
『キングスマン:ファースト・エージェント』

『キングスマン』最新作「キングスマン:ファースト・エージェント」、“キングスマン”誕生の秘密が今、明かされる―予告映像初公開! 2020年2月日本公開

2019年9月18日
『ロマンティックじゃない?』​

Netflix2月の最新作&注目作「ロマンティックじゃない?」「セカンド・アクト​」「ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​」など

2019年1月24日
tvgrooveをフォロー!