映画監督のデヴィッド・フィンチャー、映画『ジョーカー』を「精神的に病を抱える人への裏切り行為」だと批判

デヴィッド・フィンチャーと、ホアキン・フェニックス
デヴィッド・フィンチャーと、ホアキン・フェニックス

『セブン』などの作品で知られる映画監督のデヴィッド・フィンチャーが、2019年に公開された映画『ジョーカー』の感想を語った。また彼はその内容について、「精神的に病を抱える者への裏切り行為」と表現し、その理由も明かした。

先日、Telegraph紙のインタビューに答えたデヴィッド・フィンチャーは、今年のアカデミー賞で最多11部門にノミネートを果たし大成功をおさめた『ジョーカー』と、1990年代に自らがメガホンを取り、その内容が当時物議をかもしながらも大ヒットした映画『ファイト・クラブ』を比較した。

その上で、「だれもあの映画が『ダークナイト』でさえなしえなかったような大ヒットを記録するなんて、思ってもみなかっただろう」と語り、「私は、あの映画を見る人なんて誰もいないと思っていた。だってあの映画はまるで、トラヴィス・ビックル(映画『タクシー・ドライバー』の主人公)と、ルパート・パプキン(映画『キング・オブ・コメディ』の主人公)を組み合わせたキャラクターに精神的に、病を抱える者への裏切り行為をかけ合わせたようなものじゃないか。それが億単位で売りに出すなんてね」と付け加えた。

かつて『セブン』や『ファイト・クラブ』などで精神的な病を抱えた人間を描いてきたフィンチャーにとって、『ジョーカー』が抱えている心の闇は映画内で的確に表現されていなかったというのだ。

一方、フィンチャーはかつて『ファイト・クラブ』を制作した際、その内容があまりにも精神的に暗くなるものであったことから「当初の一般的な見方としては、この映画をリリースしたら、『もう自分たちの映画人生は終わりだな』と感じられるくらい、反発されるものだと思っていた。それでも、1999年という時代にあの映画を作ることが出来たのは奇跡だったと自分の中では思っている」と明かし、批判が予想される映画を作り上げることの難しさを語った。

ホアキン・フェニックス

『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、フランスの皇帝ナポレオンを演じることが決定! 監督はリドリー・スコット

2020年10月15日
左からルーニー・マーラ、ホアキン・フェニックス、リヴァー・フェニックス

『ジョーカー』ホアキン・フェニックス&ルーニー・マーラに待望の第一子となる男の子が誕生したと報道! 名前は亡き兄の名前をとって“リヴァー・フェニックス”に

2020年9月28日
ホアキン・フェニックス

『ジョーカー』のホアキン・フェニックス、ビーガンになることを奨励!動物保護団体と新しいキャンペーンを開始[動画あり]

2020年8月25日
『ジョーカー』撮影現場

ホアキン・フェニックスとハグ! 『ジョーカー』監督、撮影時の「ほろ苦い」思い出の写真をインスタに投稿

2020年2月18日
アマンダ・セイフライド

デヴィット・フィンチャー新作『Mank(原題)』に、アマンダ・セイフライドとリリー・コリンズの出演が決定! 主演はゲイリー・オールドマン

2019年10月17日
tvgrooveをフォロー!