『ハリー・ポッター』の1&2作目の監督を務めたクリス・コロンバス、『ハリー・ポッターと死の秘宝』でも監督をしたかったと告白! その理由とは

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

大人気ファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズで第1作目と2作目の監督を務めたクリス・コロンバスが、実は2010年と11年に公開された2部作『ハリー・ポッターと死の秘宝』でも監督をつとめたかったと明かした。

約20年前に公開されたシリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』は、世界中で大ヒット。主人公ハリー・ポッター役をつとめたダニエル・ラドクリフや主要キャストたちは一躍スターとなった。

この成功の立役者こそが、監督のクリス・コロンバスだ。クリスはこの映画を確実にヒットさせるため、セットやCGの効果的な使い方、配役や俳優たちの演技の細部に至るまで徹底的にこだわった。

最初の2作を立て続けに制作したあとは『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』でプロデューサーに転向。その後、このシリーズの制作から身を引いた。その後の5作品にクリスは携わっていないが、決してクリス自身がやりたくなかったからではない。

先日「Collider」誌のインタビューに答えたクリスは「頼まれれば、『ハリー・ポッターと死の秘宝』でもメガホンを取っただろう」と語っている。なおこの作品は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』などで監督をつとめたデヴィッド・イェーツが監督している。クリスはデヴィッド・イェーツが仕上げた作品について「できることなら、最後の2作品にも携わりたかった。でも、イェーツが続投するっていうことだったからね。でもそれで正解だったよ。とくに最後の作品は私もとても好きだ。『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』は本当にすばらしい映画だよ」と賛辞を送っていた。

確かにクリスは、シリーズ第1作目と2作目を大成功に導いた。しかしだからと言って、最後の2作品も成功させることができたとは限らないだろう。これらの作品はストーリーやトーンが全く異なるからだ。 クリスは『ハリー・ポッター』より以前に、『ミセス・ダウト』や『ホーム・アローン』などコメディを中心に手がけている。シリアスな作品に対応できないとは言い切れないが、最後の2作品をファンが期待するように仕上げるには、これまでとは全く異なるスキルが必要となっただろう。

ルパート・グリント

『ハリー・ポッター』の撮影時、ロン役ルパート・グリントはあることでスタッフから嫌われていた…!? 周囲からの「悪評」を告白

2020年11月19日
左からトム・フェルトン、ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント

『ハリー・ポッター』キャスト、夢の同窓会が実現! ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、トム・フェルトンらがシリーズ19周年をお祝い[動画あり]

2020年11月16日
ルパート・グリントと娘のウェンズデー

『ハリー・ポッター』ルパート・グリント、ついにインスタグラムに参入! ユニークすぎる赤ちゃんの名前&写真を初公開[写真あり]

2020年11月11日
『ハリー・ポッターと賢者の石』映画20周年オリジナルステッカー

2021年ハリー・ポッター第1作目公開から20周年を記念し『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映決定

2020年10月22日
ドラコ・マルフォイ

『ハリー・ポッター』ドラコ・マルフォイの出演時間はわずか31分だった! ファンの間で衝撃広がる

2020年10月10日
tvgrooveをフォロー!