ジョージ・クルーニー、『オーシャンズ11』に出演してもらうため、ジュリア・ロバーツに20ドルを渡していた!一体なぜ?

ジュリア・ロバーツ
ジュリア・ロバーツのインスタグラムより

ハリウッドを代表する人気俳優のジョージ・クルーニー。彼は、自身の大ヒット作『オーシャンズ11』のキャストを集めるとなった時、ジュリア・ロバーツに出演してもらうため、20ドルを渡したと驚きのエピソードを明かした。

オーシャンズ11 予告編

『オーシャンズ11』は、フランク・シナトラがダニー・オーシャン役で主演した1960年の同名映画のリメイク版。2001年に公開され、大成功をおさめ、2004年には『オーシャンズ12』、2007年には『オーシャンズ13』が公開された。さらには、サンドラ・ブロックがダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャン役で女性ばかりの『オーシャンズ8』も制作された。

そんな人気フランチャイズの第1作目となった『オーシャンズ11』で、ジュリア・ロバーツはロバート演じるダニーの別居中の元妻、テス・オーシャンを演じている。ダニーの犯罪人生に嫌気がさしたテスは、離婚を申請してラスベガスに移り住み、カジノ経営者のテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)と交際をスタートさせるという役どころだ。

ジョージ・クルーニーはGQ誌の最新のインタビューで『オーシャンズ』シリーズについて語った。彼は、フランチャイズを撮影していて一番好きだったのは、ロバーツをはじめとする共演者たちとの関係だったと説明した。

GQの表紙を飾ったジョージ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

GQ(@gq)がシェアした投稿

「ジュリアを覚えている。僕は彼女を知らなかったんだ。会ったこともなかったし、彼女は1本2000万ドルの映画を作ってたしね。僕はブラッド(ピット)と、マット(デイモン)に出演するように話して、ジュリアにも出演してもらいたいって思った。だから、脚本に20ドル札を挟んで、彼女に送ったんだ。『20ドルで撮影できるって聞いたんだ』ってね」とジョークを交えて、ジュリアに出演交渉したという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Julia Roberts(@juliaroberts)がシェアした投稿

こうして、共演者となったジュリアとジョージ。ジュリアはジョージの誕生日をインスタグラムでお祝いするなど、交友が今でもあるようだ。GQ誌でジョージは、撮影が終わってから20年近く経った今でも、共演者たちと連絡を取り合っていると、微笑ましいエピソードも披露してくれている。

ジョージ・クルーニー

ジョージ・クルーニー、14人の親友に100万ドルの現金が入ったスーツケースをプレゼント!その理由が感動的

2020年11月18日
Netflix『ミッドナイト・スカイ』

ジョージ・クルーニー監督・製作・主演『ミッドナイト・スカイ』配信日が決定!初映像も公開[動画あり]

2020年10月28日
ジョージ・クルーニー

ジョージ・クルーニー、名作『きみに読む物語』に出演する予定だった!辞退した理由とは?

2020年10月19日
ネットフリックス映画 『ミッドナイト・スカイ』

ジョージ・クルーニー監督・製作・主演! ネットフリックス『ミッドナイト・スカイ』配信決定&場面写真解禁

2020年9月28日

キルスティン・ダンスト主演×ジョージ・クルーニー製作総指揮『ビカミング・ア・ゴッド』(全10話) 5月1日(金)より、「スターチャンネルEX」にて独占配信決定

2020年4月6日
tvgrooveをフォロー!