ジョージ・クルーニー、名作『きみに読む物語』に出演する予定だった!辞退した理由とは?

ジョージ・クルーニー
ジョージ・クルーニー

『オーシャンズ11』や『マイレージ、マイライフ』などで知られる人気俳優のジョージ・クルーニー。彼はなんと、名作恋愛映画『きみに読む物語(原題:The Notebook)』のプロジェクトに参加する予定だったと言う。

ジョージ・クルーニーは、第64回BFIロンドン映画祭にて、ネットフリックス新作『ミッドナイト・スカイ』のプロモーションのため、バーチャルチャットに参加。その時、名優ポール・ニューマンとともにニコラス・スパークスの小説に基づいた『きみに読む物語』に参加しそうになったことを語った。

ポール・ニューマンは3度のアカデミー賞を受賞した名俳優で『明日に向かって撃て!』や『スティング』などで知られる。彼は2008年にがんとの長い闘病生活の後、83歳で惜しくもこの世を去った。

Deadlineによると、ジョージは「(ポールと)一緒に『きみに読む物語』をやろうと思っていたんだ。僕は、彼の青年時代を演じるつもりだった。僕たちは直接会って話して『これだ!』となった。素晴らしいものになるってね」と語った。

しかし、ジョージはその後、ポールの名作を何本も鑑賞し、難しいことだと悟ったようだ。「彼は今まで見た中でも最もハンサムな男性の一人。僕は似ていない。これは無茶だって思った」とジョージは振り返った。「僕たちは一緒に仕事をしたかったから、それ(『きみに読む物語』)をやりたかったけど、結局、僕たちにとって正しいことではなかったんだ」とコメントした。

『きみに読む物語』は、ライアン・ゴズリングが主人公のノアの若かりし頃を演じ、歳をとったノアをジェームズ・ガーナーが演じた。もしジョージとポールが演じていたら、また違う魅力を放つ作品になっていたのかもしれない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE MIDNIGHT SKY coming to @netflix this December. A truly wild ride directed by the one and only George Clooney. #themidnightskynetflix

David O(@davidoyelowo)がシェアした投稿 -

ジョージ・クルーニーが監督・製作・主演を務めるネットフリックス映画『ミッドナイト・スカイ』は、12月よりネットフリックスにて独占配信開始。

ネットフリックス映画 『ミッドナイト・スカイ』

ジョージ・クルーニー監督・製作・主演! ネットフリックス『ミッドナイト・スカイ』配信決定&場面写真解禁

2020年9月28日

キルスティン・ダンスト主演×ジョージ・クルーニー製作総指揮『ビカミング・ア・ゴッド』(全10話) 5月1日(金)より、「スターチャンネルEX」にて独占配信決定

2020年4月6日
TheEllenShow

クリス・ヘムズワースにドッキリ!ブラッド・ピットが客席に!人気番組「エレンの部屋」の2019年名場面集が公開[動画あり]

2019年12月26日
tvgrooveをフォロー!