セレーナ・ゴメス、腎臓移植をネタにした番組に対し「嫌がらせであり気分が悪い」! 関係者が明かす彼女の心境とは

セレーナ・ゴメス
セレーナ・ゴメス

先日Peacockにて配信された、ドラマ「Saved by the Bell(原題)」のリブート版第一話の中で、歌手セレーナ・ゴメスが以前に受けた腎臓移植手術の事をネタにしたジョークがあったのだが、これに対し批判が集まった。今回、セレーナの関係者が彼女の心境を話した。

セレーナ・ゴメスは、自己免疫疾患のループス(全身エリテマトーデス)の治療の一環として、2017年の夏に腎臓移植手術をしていたことを公表。友人である女優のフランシア・ライサから腎臓提供を受けた。

今回議論となっているのは、1990年代に人気であった学園ドラマ「Saved by the Bell(原題)」の新リブート版。リブートの初回エピソードが11月25日に放送されたのだが、ストーリーの中で登場キャラクターの高校生たちがセレーナの腎臓移植手術について話しているシーンに注目が集まった。

1人が「セレーナ・ゴメスの腎臓を提供したのはジャスティン・ビーバーのママだって事実は知ってる。ああ、今スマホがあれば証明できるのに」と、セレーナの元恋人ジャスティン・ビーバーの名前も出す。するともう一人が「証明できるって何を?あんたバカなの?提供したのはデミ・ロヴァートだよ。彼女たちは親友だからね、私とあんたがそうであったように」と、歌手でセレーナと同じくディズニー・チャンネル出身のデミの名もあげる。ちなみにセレーナとデミは、一時不仲説が出たことがある(本人たちは不仲ではないが友人でもないと言及している)。

また別のシーンでは壁に「セレーナ・ゴメスって腎臓自体あるの?」と書かれた落書きも見られたのだ。

炎上したシーン

このシーンが炎上し、ネット上では様々な批判があがった。セレーナ本人はこの件について自分からコメントなどの発信はしていないが、ET誌に関係者が話したところによると「セレーナはこのエピソードに本当に憤りを感じている。彼女の健康問題をこのように扱うことは、嫌がらせであり気分が悪いと思ってます」と話した。

また「セレーナは自分やほかの多くの人が体験した移植手術が、ジョークの犠牲となったと感じています」と話した関係者。やはり彼女自身もよく思っていないようだ。

この問題のシーンに批判が集まったことをうけ、配信側のPeacockは謝罪文を公表。「セレーナの健康を軽く取り扱う意図はまったくありませんでした。今セレーナのチームと連絡を取っており、彼女のチャリティ団体『The Selena Gomez Fund for Lupus Research』に寄付をします」と綴った。

また現在このシーンは削除されている。

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、メキシコ版Vogueの表紙で神々しいドレス姿を披露! メキシコ系である自身のルーツも語る[動画あり]

2020年12月1日
セレーナ・ゴメス(左)、ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメスと連絡を再開? 一方でセレーナはバスケ選手との交際説がより深まる

2020年12月1日
腎臓移植手術をしたフランシア・ライサ(左)とセレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメスの腎臓移植をネタにした人気ドラマが炎上! 配信側が謝罪、提供したフランシア・ライサもコメント

2020年12月1日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、「自分を受け入れる」ための道のりを語る! 「本当に大変だし、今も・・・」

2020年11月25日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、「今、最高にすばらしいことが起こってる」! 彼女がそう語る理由とは・・・?

2020年11月19日
tvgrooveをフォロー!