米ディズニーパーク、合計で32,000人の人員削減計画を発表 コロナの影響で

disneyparksj
インスタグラム(disneyparksjobs)より

アメリカのディズニーパーク(Disney Parks)は先日、合計で3,200人の人員削減を発表した。その理由の一つとしてディズニーランドの再オープンができないこととした。

パークは新型コロナウイルスのパンデミックのため3月に閉鎖。閉鎖当初は、短い期間になるものだと予想されていた。しかし、夏にはパンデミックが猛威をふるい感染者数は増加。パークは警戒心から閉鎖されたままだった。ディズニーランドは7月に再開予定だったが、第二波によってそれも叶わず。(フロリダ州オーランドのテーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」は7月に一時再開していた)。カリフォルニア州のディズニーランドは、カリフォルニア州知事ギャビン・ニューサム氏の発令によって閉鎖されたままとなっている。9月末には、この長引く閉園を受け2万8000人を解雇にする方針をディズニーは発表していた。

しかし、マイアミ・ヘラルド紙の新たな報道よると、さらに4,000人の従業員が解雇されるという。対象となるのは、主にディズニー・パークス、エクスペリエンス、プロダクト部門とのことだ。主な理由として進行中の閉鎖および収入の損失とされている。

今回の新型コロナウイルスによる解雇は、ディズニーなどのテーマパーク業界だけでなく、様々な業界において大きな問題となっている。アメリカでは4月に失業率が14.7%、その後6ヶ月間は失業率が低下し改善されてきたものの、まだまだ油断はできない状態だ。

一方で、香港のディズニーランド・リゾートも一時的なパーク閉鎖を決定している。新型コロナウイルスの影響による一時閉鎖はこれで3度目となる。

再開時の香港ディズニーランド・リゾート↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disney Parks Jobs(@disneyparksjobs)がシェアした投稿

「スター・ウォーズ・ホテル」

ディズニー・ワールドの「スター・ウォーズ・ホテル」、ついに客室イメージ公開! 部屋のコンセプト&気になるお値段とは…?[写真あり]

2020年11月18日
米ディズニー・ワールド

米ディズニー・ワールド、年内に1万1350人の従業員を解雇することが明らかに

2020年11月2日
東京ディズニーランド

東京ディズニーリゾート、年間パスポートの期限延長をしない方針! 払い戻しにて対応

2020年10月26日
上海ディズニーランド

米ディズニー、メディア事業の大幅再編することを発表! ストリーミング事業を主軸に

2020年10月14日
スペース・マウンテン

ディズニーランドの人気アトラクション「スペース・マウンテン」が映画に! 脚本を務めるのはあの人

2020年10月11日
tvgrooveをフォロー!